10コアSoC搭載!格安5.5型『ZOPO SPEED 8/ZP955』発売、価格・スペック・対応周波数

公開日: : スマートフォン , ,

 10コアSoCを搭載し、RAM4GBに背面2,100万画素(Sony IMX230センサー)、USB Type-C/指紋センサー/LTE対応デュアルSIMなど魅力的なスペックなのに約3.41万円という低価格な5.5インチ『ZOPO SPEED 8ZP955』が発売されました。

ZOPO_SPEED_8-ZP955-8

スポンサーリンク

5.5型『ZOPO SPEED 8/ZP955』の価格・スペック・対応周波数

 『ZOPO SPEED 8ZP955』はMWC 2016で発表されました。メタル風ボディとMicroSDカードスロット非搭載というマイナスを持ちますが、それ以外は価格・スペックともに素晴らしい魅惑のスマートフォンとなっています。

ZOPO_SPEED_8-ZP955-3

 5.5インチFHDディスプレイにスピーカー、前面にLEDフラッシュを搭載しています。

主な仕様・スペック

 『ZOPO SPEED 8ZP955』のスペック情報は販売店に掲載された内容となっています。

 タブクル調べ
 tabkul.com
ZOPO SPEED 8/ZP955
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU MediaTek Helio X20/10コア
RAM 4GB
ストレージ 32GB
SDカード 非搭載
液晶 5.5インチ
解像度 1,920x1,080
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 2,100万画素 Sony IMX230センサー
Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n
GPS GLONASS/GPS/BEIDOU
Bluetooth Bluetooth 4.1
USB USB Type-C
サイズ 152.5×76.24×9.8mm
重さ 150g
バッテリー 3,600mAh
価格 299.99ドル(約3.41万円)

 ※NFC/指紋センサー搭載。

なんといっても10コアSoC「MediaTek Helio X20」搭載!

ZOPO_SPEED_8-ZP955-7

 『ZOPO SPEED 8ZP955』は色々と話題の仕様を備えていますが、なんといっても10コアSoC「MediaTek Helio X20」を搭載しているのが最大の魅力だと思います。MediaTekの資料を見ると次のようなCPU構成でした。

  • Cortex-A72 @ 2.5GHzx2コア
  • Cortex-A53 @ 2.0GHzx4コア
  • Cortex-A53 @ 1.4GHzx4コア

 解像度は最大2560×1600までサポートしています。モバイル通信はカテゴリー6まで対応。

ソニー製センサー搭載のカメラ

ZOPO_SPEED_8-ZP955-6

 前面カメラは2,100万画素 Sony IMX230センサーで、フォーカス速度は0.2秒であるほか、前面800万画素と「お値段以上」のカメラ仕様となっています。

ZOPO_SPEED_8-ZP955-5

 興味深いことに前背面にLEDフラッシュを備えた「Dual LED Flash」仕様となっています。暗がりでもビデオ通話やメイク直しができそうで地味に便利かも知れません。

指紋センサーも搭載

ZOPO_SPEED_8-ZP955-4

 背面に指紋センサーを搭載しており、ここまで来ると5~7万円の価格帯で販売されているスマートフォンの立場がなくなってしまうような感じがしますね。

 指紋センサーではロック解除や写真撮影が行えるようです。

インターフェイス

ZOPO_SPEED_8-ZP955-2

 インターフェイスには最新規格USB Type-Cを採用、バッテリーも急速充電をサポートしており充電時間の記載はありませんが、通話時間は10時間、待機時間は120時間という駆動時間になるそうです。

対応周波数

 『ZOPO SPEED 8ZP955』はデュアルSIMカードスロットを備え、デュアルスタンバイ仕様。対応周波数は次のようになっています。

 タブクル調べ
 tabkul.com
ZOPO SPEED 8/ZP955
2G EDGE/GSM 850/900/1800/1900MHz
3G W-CDMA 900/1900/2100MHz
4G LTE FDD:800/1800/2100/2600MHz、TD:1880-1920/23002400/2555-2655MHz

 ※4G LTEは下り最大150Mbps/上り最大50Mbps。

価格・カラーバリエーション

 『ZOPO SPEED 8ZP955』はブラックとホワイトの2色展開、価格は299.99ドル(約3.41万円)で”在庫あり”となっています。

ZOPO_SPEED_8-ZP955-9

 スペックから考えて激安といえる値段が付けられています。メタルボディではないし、NexusシリーズのようにMicroSDカードもありません。それを受け入れたら真摯に奮闘しているスマートフォンに見えてきました。

Source:ZopoMobileShop

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベゼルレス『Essential Phone PH-1』、日本でも発売か

英国紙Financial Timesが”Androidの父”と呼ばれて

世界最小2.45インチのスマホ『Unihertz Jelly Pro』レビューが公開される

Unihertzが2.45インチという世界最小4G LTEスマートフォ

RAM4GBで2万円以下、デュアルスペース搭載5.5型『Coolpad Max A8』開封レビュー・スペック #TOMTOP

Qualcomm Snapdragon 617にRAM4GBというミッ

6型3辺ベゼルレス『Maze Alpha』の開封動画が公開、RAM4GBで20281円の格安スマホ

Xiaomi Mi MIXで話題となった3辺ベゼルレス仕様のスマートフ

3辺ベゼルレスRAM4GBが20281円に、『MAZE Alpha』をGearBestが独占販売セール実施中/スペック・製品画像

期間限定+台数限定ですが、3辺ベゼルレスにRAAM4GBを搭載しながら

税込7980円の3Gスマホ『BLU GRAND M』日本上陸、スペック・発売日

ソフトバンク コマース&サービスは6月9日、米国シェアNo.1の獲得実

トリニティ、『NuAns NEO [Reloaded]』の発売日を6月9日と発表

トリニティは6月7日、デジタルライフスタイルブランドNuAnsのAnd

Androidの父が5.71型『Essential PH-1』発表、ベゼルレス・拡張モジュールなどスペック・価格

「Androidの父」と呼ばれるAndy Rubin氏がGoogle退

『NuAns NEO [Reloaded]』がモバイルSuicaに対応、JR東日本が掲載

トリニティは5月25日、まもなく発売されるAndroid 7.1 搭載

FRONTIERが5.5型『FR7101AK』発表、DSDSやデュアルカメラなどスペック・価格・対応周波数

インバースネットは5月19日、FRONTIERブランドの新しいスマート

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑