ZTEジャパン、2.78万円の5.5型フルHD『ZTE Blade V580』発表―スペック・発売日・対応周波数

公開日: : ZTE ,

 ZTEジャパンは3月8日、SIMフリースマートフォンの最新モデル『ZTE Blade V580』を3月25日に発売すると発表しました。画面サイズ5.5インチにフルHD解像度、8コアプロセッサながら市場想定価格は27,800円+税と低価格を実現しているのが特徴です。

ZTE-BLADE-V580

スポンサーリンク

『ZTE Blade V580』の価格・スペック・発売日

 『ZTE Blade V580』は5.5型フルHDにMediatek MT6753プロセッサ(8コア)のほか、背面に指紋認証センサーを搭載したSIMフリースマートフォンとなっています。

主な仕様・スペック

 タブクル調べ
 tabkul.com
ZTE Blade V580
OS Android 5.1
CPU 64bit 1.3GHzオクタコア (MT6753)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
SDカード microSDカード(最大32GB)
液晶 5.5インチ
解像度 1,920 x 1,080
前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1,300万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n
GPS GPS/AGPS
Bluetooth Bluetooth 4.0
サイズ 約77.2×155.3×8.6mm
重さ 約165g
バッテリー 3,000mAh
価格 27,800円/2016年3月25日

 ※指紋センサー、コンパス、ジャイロセンサー、照度センサー、近接センサーを搭載。

 背面の指紋スキャナはロック解除やカメラ撮影にも使えるとしています。

モバイル通信・対応周波数

 『ZTE Blade V580』はデュアルSIMスロットを備えていますがスロット1/2の両方にnanoSIMカードを挿して使用する場合、いずれかの1スロットはGSM専用になるとしています。(設定により切り替え可能)。また、スロット2はmicroSDまたはnanoSIMいずれか1枚のみ使用可能。

2G EDGE/GSM 1900/1800/900/850MHz
3G W-CDMA 2100(B1)/800(B6)/900(B8)/800MHz(B19)
4G LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/800MHz(B19)

価格・発売日・カラーバリエーション

 『ZTE Blade V580』はシルバーとグレーの2色展開で、市場想定価格27,800円+税にて3月8日 午前10時よりビックカメラ(10%ポイント還元)などで先行予約の受付を開始、発売日は3月25日となっています。

Source:ZTEジャパン

ZTEの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモ、ZTE製2画面スマホ『M Z-01K』発表―発売日・スペック・対応周波数

ドコモは10月18日、ZTEが17日に発表したデュアルスクリーンを特徴

デュアルスクリーン『ZTE AXON M』のハンズオン動画、3つのモードや背面など

ZTEが年内にリリース予定でドコモから発売されるデュアルスクリーンを持

(速報)折り畳み2画面スマホ『ZTE AXON M』発表、スペック

ZTEは日本時間10月17日23時17分、ニューヨークにて折り畳み2画

『ZTE AXON M』発表イベント、YouTubeなどでライブ中継

ZTEは折り畳み2画面スマートフォン『ZTE AXON M』の発表イベ

折り畳みスマホ『ZTE Axon M』(Z999)がWi-Fi Alliance認証取得

まもなくZTEが発表すると期待されている折り畳み2画面スマートフォン『

2画面「ZTE Axon M(Z999)」がベンチマークGeekbenchに掲載、公式サイト情報も

先ほどの「ZTE Axon M」がFCCを通過により判明した型番Z99

折り畳み2画面スマホ『ZTE Axon M』(Z999)がFCC通過、10/17発表か

日本でも端末をリリースしているZTEが開発していると噂されていたデュア

折り畳みスマホ『ZTE Axon M(Multy)』の画像リーク、10/17に発表へ

ZTEがニューヨークで現地時間10月17日に開催するイベントでの発表が

ZTEジャパン、高コスパ5型スマホ『ZTE BLADE E02』発表―スペック・価格

ZTEジャパンは9月26日、高いコストパフォーマンスが評価されたという

2画面スマホ6.8型『ZTE AXON Multy』のスペックがリーク、発売日や価格

ディスプレイを2つ備え展開するとタブレットとしても使える6.8インチ『

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑