iPad Proを高速充電する裏技が見つかる、Apple 29W USB-C電源アダプタは有効か

公開日: : Apple

 12.9インチiPad Proに付属する標準12Wの電源アダプタではフル充電まで5時間を要するようですが、アップル純正アクセサリーを利用する事で2.5時間と約半分で充電が完了したと海外メディアが伝えています。

ipad-pro-crazy-fast.1

スポンサーリンク

iPad Proを高速充電する裏技が見つかる

 12.9インチiPad Proの充電時間を5時間から半分の2.5時間に短縮するために必要なアクセサリーは次の2つです。

  • USB-C – Lightningケーブル(1 m):価格2,800円+税
  • Apple 29W USB-C電源アダプタ:価格5,800円+税

 いずれも12インチMacBook向けのUSB-C対応アクセサリーで、製品名にあるように29Wと高出力になっています。

ipad-pro-crazy-fast

 CNETによると「Apple 29W USB-C電源アダプタ」を使ったところ僅か20分で18%まで充電が完了し、最初の1時間で49%、そして2.5時間後には100%に達したとしています。標準12Wでは2時間で約50%だったことを考えると高速な充電と言えそうです。

 同メディアは最大の欠点が12.9インチiPad Proに「USB-C – Lightningケーブル」と「Apple 29W USB-C電源アダプタ」が含まれていない事だとして追加投資を問題に挙げていました。

 個人的にはアップルが12W電源アダプタを選んだ理由があると思えてならないので、高額なiPad Proを破壊しないためにも同アクセサリーによる高速充電は控えたほうがよいと思いますが、はたして、、、。

Source:CNET

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次期iPhone(2018)でナンバリング刷新か、無印iPhoneとiPhone Xに

2018年リリースのiPhoneシリーズはナンバリングが異なり、シンプ

次期6.5型iPhoneはApple Pencilサポートか、6.1型が2.18万円安くなるとも

2018年秋リリース予定の次期iPhoneシリーズ3機種について価格と

次期iPhone SE(Jaguar)は量産中で間もなく発売か

Apple関連のリーク情報で実績のあるBen Geskin氏が次期iP

iPhone SE2、新たにApple Pay/ワイヤレス充電サポートか

Appleから5月の発売が噂されているiPhone SE2についてAp

6.1インチiPhoneは2種類のSIMスロット搭載モデルを提供か、LCDモデルが1番人気とも

Appleが2018年9月ごろにリリースすることが期待されている次期i

iPhone SE2は5月または6月に発表か、EECに掲載

Appleの次期iPhone SEと思われるスマートフォンがユーラシア

次期iPhone向けOLEDパネル、Samsungが5月から生産開始か

Appleの次期iPhone向けのOLED(有機EL)パネルについて、

iPhone 8 Plusの(PRODUCT)REDモデル開封動画が公開される

4月10日に注文受付が開始されたばかりのiPhone 8シリーズの(P

2018年のiPhoneはトリプルカメラ搭載か、光学5倍ズームとも

2018年にリリースされるiPhoneのうち少なくとも1つのモデルがト

iPhone 8/8 Plusの(PRODUCT) REDモデルを発表、発売日・価格

Appleはカリフォルニア州クパティーノで現地時間4月9日、新世代のi

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑