Xiaomi Mi5 で格安SIMカードは使えるか、APN設定(0SIM by So-net)レビュー

公開日: : Xiaomi , , ,

 デザインが良くて持ちやすく、処理性能も優れていてメインのスマートフォン「Nexus 6」から乗り換えようと真剣に考えている『Xiaomi Mi5』の実機レビュー、今回は月額0円から利用できる格安SIMカード「0SIM」を使って通信できるのか試した内容を記録します。

IMG_6649

スポンサーリンク

Xiaomi Mi5 で格安SIMカードは使えるか

 現在「Nexus 6」で使っている格安SIMカード「0SIM」を『Xiaomi Mi5』のSIMスロットへ入れました。SIMカードは自動的に認識され、Android標準の「設定」メニュー内にあるXiaomi独自の「SIMカード設定画面」へ移動できます。

Xiaomi-Mi5-SIM-Review-01a

 上図はSIMカード設定メニューは、SIMカードを入れないとアクセスできないようになっています。左側にあるSIMスロット1の「NTT DOCOMO」を選択、右側の赤枠「APN」を選択して先へ進みます。

日本のMVNO情報が登録済み/APN設定

Xiaomi-Mi5-SIM-Review-02a

 上図左を見ると初期状態でIIJmioとb-mobileのAPN情報が登録されています。今回 So-netが提供する「0SIM」のAPN設定は未登録なので画面下にある「新しいAPN」を選び、上図右の接続情報を入力して保存します。

Xiaomi-Mi5-SIM-Review-03a

 上図左は登録した「0SIM」用APN設定、そのままホーム画面を見ると上図右のように通信が行えている状態となっていました。

 『Xiaomi Mi5』で格安SIMカードを使うまでは非常にシンプルで呆気なく終わってしまいました。

 このままでも快適にブラウジングを行えましたが、FOMAプラスエリアに対応しておきたいので次回は(成功できたら)FOMAプラスエリア化の設定を記録する予定です。

 最新のXiaomi Mi 5 記事一覧

Xiaomi Mi 5 の価格

 今回レビューした『XiaoMi Mi5』は64GBモデルで、提供元のGEARBESTさんににおける販売価格は62%OFFセール中の36,336円となっています。

 同ショップでは大きな製品画像と詳しいスペック表が用意されています。次のリンクより確認できます。

 リンク:XiaoMi Mi5 (64GB) – GEARBEST

Xiaomiの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6.44型『Xiaomi Mi Max 2』発表、初代モデルとスペック比較・価格

中国メーカーXiaomiは5月25日、タブレット並みの大容量バッテリー

限定200台でハイスペック5.7型「Xiaomi Mi Note 2」クーポン、格安5型『UMIDIGI G』のセール実施中 #Banggood

RAM4GB+Snapdragon 821を搭載した3D曲面5.7型フ

大画面スマホ『Xiaomi Mi Max 2』発表イベント、5月25日に開催

中国メーカーXiaomiの6.44型『Xiaomi Mi Max』の後

Xiaomi Mi 5sが3万円以下などのクーポン、Xiaomiスマートホーム・セールも開催中 #Banggood

日本への販売に力を入れている海外通販サイトBanggoodよりXiao

7.9型『Xiaomi Mi Pad 3』レビュー、Geekbench/Antutuベンチマークや初期アプリほか

中国メーカーXiaomiの最新タブレット7.9インチ『Xiaomi M

7.9型『Xiaomi Mi Pad 3』 iPad miniクローン開封レビュー、期間限定セール実施中

7.9インチのiPad miniクローンとしてはハイスペックに位置する

RAM6GB+SD835搭載Mi6やMi Pad 3などが特価に、GearBestでXiaomiセール開催中

日本向けのキャンペーンも展開する海外通販サイトGearBestにおいて

Xiaomi Mi6にクーポン、MECOOL製TV BOXセールも開催中 #Banggood

2017年4月28日に発売されたばかりの『Xiaomi Mi 6』を海

Xiaomi Mi 6 Microsoft Edition登場か、Microsoft StoreにMi 5s Plus追加

中国メーカーXiaomiが昨日発表した最新フラッグシップ『Xiaomi

Xiaomi Mi 6 発表、デュアルカメラやSnapdragon 835などスペック・価格・発売日/Antutuベンチマークスコア他

Xiaomiは4月19日、北京開催のイベントにおいてデュアルレンズカメ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑