ワコムペン収納できるJumper EZpad 5SE専用キーボード「K10-03」開封~試用レビュー、謎キーの正体

公開日: : Jumper ,

 Surface風2in1タブレットPC『Jumper EZpad 5SE』の専用キーボード「Jumper K10-03 Keyboard」をGEARBESTさんより提供いただきました。

 実際に開封して試用した感想を記録したいと思います。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8094

スポンサーリンク

Jumper EZpad 5SE専用キーボード「K10-03」開封レビュー

 「Jumper K10-03 Keyboard」は『Jumper EZpad 5SE』のためにデザインされた専用キーボード、マグネット式ドッキング・インターフェイスによりタブレットと接続する物理キーボードのため個別でバッテリーを管理する必要はありません。

 ワイヤレス接続のキーボードとは異なり、ペアリング操作やUSBドングルを取り付けるといったこともなく有線キーボード感覚で素早いタイピングとタッチパッドによるマウス操作が行えるのが強みです。

 本体サイズは28.0x20.4x0.7cm、重量は344gとなってます。

開封レビュー

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8064

 「Jumper K10-03 Keyboard」の化粧箱、専用デザインですね。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8065

 蓋を開けて袋に入った本体を取り出します。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8068

 袋から取り出します。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8072

 「Jumper K10-03 Keyboard」登場、手のひらを置く場所はプラスチックそのものですがサラサラした手触りで悪くありません。物理キーボードというと拡張インターフェイスを期待してしまいますが、残念ながら搭載されていません。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8084

 背面の布地は手持ちのSurface Pro 2 向けタイプカバーと比べるとモコモコ感がない、さっぱりした手触りでした。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8074

 けっこう広めのタッチパッド、サラサラしてクリック感もありました。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8077

 Surface Pro 2 向けタイプカバーは布地がキーボードのフチを覆っていますが、「Jumper K10-03 Keyboard」は覆っていません。また、布地の余白が少し大きいですね。 

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8079

 手前は布地のはみ出し部分が少なくSurface Pro 2 向けタイプカバーと同じような幅でした。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8082

 マグネット式ドッキングポート。

キー配置を見る

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8090

 EnterとBackspaceキーはSurfaceより広くて使いやすそうですが、Home等がFnキーの同時押しとなっているのが残念です。「.com」キーがありますね。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8091

 Fnキーの位置、Ctrlは端にありました。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8092

 日本語キーボードではないので半角/全角キーはありません。ソフト上で対応する必要があります。

『Jumper EZpad 5SE』を試用した感想

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8098

 『Jumper EZpad 5SE』を持ち出して「Jumper K10-03 Keyboard」と接続しました。マグネットなので近づけると勝手に装着します。Surfaceに比べると接着力は弱いように思いました。また、最新版Surfaceのようにキーボードの角度調整ができるかと思いましたが非対応です。

 Windows 10を起動してから「Jumper K10-03 Keyboard」を繋げたところ、ドライバーの設定画面などが表示されることなく即利用可能な状態となりました。Surfaceは希にキーボードを認識しないことがありますが『Jumper EZpad 5SE』の認識は早く、実用的だと思います。

 タッチパッドの操作も快適です。

謎キーを発見

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8088

 四角い枠に指差しマーク、一体なんでしょうか。

 Windows 10 を起動して試したところ、1回押すとタッチパッドが無効となり再び押すと有効になりました。そう、正体はタッチパッドのON/OFFキーでした。タイピングに集中したい時や外付けマウスを使っている時に誤操作を減らす有用なキーですね。ただFnキーの1つにしても良かった気もします。

スリープ機能を搭載か 

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8102

 Windows 10を起動した状態でキーボードを畳みましたがスリープモードに移行しませんでした、、、が。

Jumper_K10-03_Ezpad_5SE_Keyboard_IMG_8103

 上図のように手でキーボードを持ち上げるとスリープ状態となりました。上2枚の画像を見比べていただくと違いがわかると思います。

 収納したキーボードを上図の位置で維持するマグネットは搭載されていないためキックスタンド時のスリープは諦めて、ノートパソコンのようにパタンと横に倒して使った方が良いと思います。

ワコムペンを収納できる

IMG_8105

 専用キーボードだけあって「Jumper K10-03 Keyboard」は『Jumper EZpad 5SE』本体に付属するワコムペンを収納できます。独特な形状と細さから紛失しやすいと思っていただけに、保管場所が見つかり安心しました。

 今回「Jumper K10-03 Keyboard」を提供いただいたGEARBESTさんでは通常価格から60%OFFの2,177円にて販売されています。

 Jumper K10-03 Keyboard 販売ページへ(本体価格は販売ページにて)

 Jumper EZpad 5SEのスペック表や実機レビューから最新情報は記事一覧より確認できます。
 →Jumper EZpad 5SE記事一覧

Jumperの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑