件名『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』のフィッシングメールが出回る

公開日: : Windows ,

日本マイクロソフトは1月30日、同社のオフィスソフトに対するフィッシングメールが出回っており、第三者から送信されたメールであること、メールを開かず削除するようアナウンスしました。

microsoft-news-20170131

スポンサーリンク

『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名のフィッシングメール

今回のフィッシングメールは1月初めから報告されており、『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名で1つのアカウントに対して10通以上も届いたという報告もあります。

前回とはメールアドレスのドメインが異なっているものの、同じような文字列が並んでおり今後も同様のメールが配信される可能性が考えられます。

メール本文は次のような内容になっているとのこと。

セキュリティ警告!!

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

上記の「今すぐ認証」にあるリンクを辿ると名前や住所といった個人情報とセキュリティコードを含めたクレジットカード情報を入力するページが表示されるようになっています。

日本マイクロソフト カスタマーサービスは「今回のメールも弊社から送信しているメールではないため、該当のメールは開かず、削除いただくようお願いいたします。」と伝えています。

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

ランサムウェア「WannaCry」の暗号化を解読、Windows XP向け解除ツール「Wannakey」配布開始

2017年5月より世界中でWindows XPに感染してファイルを暗号

データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

Microsoftは5月12日、Build 2017のセッションにおい

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

Microsoftは米国時間5月11日、「Build 2017」におい

Apple、『iTunes』をWindows Storeで年内提供へ

Microsoftは米国時間5月11日、開発者会議「Build 201

Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表―夏から各メーカーから搭載PC発売へ

Microsoftは米国時間5月2日、教育関連イベント「Learn w

Windows 10 Cloud の最小システム要件リーク、ChromebookやRTとの比較

Microsoftが5月2日に開催するイベントで発表されることが期待さ

ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

Qualcomm CEOがARMチップ上で動作するWindows 10

Microsoft Build 2017 参加申込、2月14日より受付開始

Microsoftが米国時間5月10日より開催する開発者向けカンファレ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑