件名『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』のフィッシングメールが出回る

公開日: : Windows ,

日本マイクロソフトは1月30日、同社のオフィスソフトに対するフィッシングメールが出回っており、第三者から送信されたメールであること、メールを開かず削除するようアナウンスしました。

microsoft-news-20170131

スポンサーリンク

『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名のフィッシングメール

今回のフィッシングメールは1月初めから報告されており、『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名で1つのアカウントに対して10通以上も届いたという報告もあります。

前回とはメールアドレスのドメインが異なっているものの、同じような文字列が並んでおり今後も同様のメールが配信される可能性が考えられます。

メール本文は次のような内容になっているとのこと。

セキュリティ警告!!

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

上記の「今すぐ認証」にあるリンクを辿ると名前や住所といった個人情報とセキュリティコードを含めたクレジットカード情報を入力するページが表示されるようになっています。

日本マイクロソフト カスタマーサービスは「今回のメールも弊社から送信しているメールではないため、該当のメールは開かず、削除いただくようお願いいたします。」と伝えています。

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

QualcommとMicrosoft、正式に『ARM版Windows』を発表

Qualcommはハワイで現地時間12月5日より開催している「Snap

マイクロソフト、Qualcommに続きNVIDIAにWindows 10を要請か

米マイクロソフトがQualcommに続いて米国の半導体メーカーNVID

MS、Windows 10 Mobileと新端末の開発を終了へ/Joe Belfiore氏が諦めた理由を明らかに

MicrosoftのWindows OS担当副社長であるJoe Bel

Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

QualcommはIFA2017にて、常時接続で軽量な筐体にフルWin

Windows 10 Build 16257発表、新機能「Eve Control」を追加

Microsoftは米国時間8月2日、Windows 10 Insid

Windows Subsystem for Linuxが今秋にも正式リリースへ

Microsoftは米国時間7月28日、ベータ版として提供していた『W

Microsoft、Windows XP/Server2003にもセキュリティ更新プログラム公開を発表―WannaCry等リスクに備え

Microsoftは米国時間6月13日、先月 猛威を振るったランサムウ

Microsoft、eSIM搭載『Always Connected PC』構想を発表–ASUS/VAIO/Xiaomiなど参加

Microsoftは台湾で開催中のComputex Taipei 20

『Windows 10 on ARM』は5/31発表へ #Computex2017

MicrosoftとQualcommがメディア向けに送付した招待状から

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑