ビジネス向け『LINE WORKS』発表、機能・料金プラン

公開日: : LINE ,

LINEとワークスモバイルジャパンは2月2日、コミュニケーションアプリ「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」の提供開始を発表しました。

line-news-20170202.1

スポンサーリンク

『LINE WORKS』の機能・料金プラン

「LINE WORKS」はLINEと兄弟会社となるワークスモバイルジャパンがビジネス版LINEとして提供していた「Works Mobile」をベースに機能を拡張、名称変更してリリースされました。

「Works Mobile」は社内向けツールという位置づけでしたが、「LINE WORKS」では外部企業と同サービス内のアカウント間でコミュニケーションが行えるようになったほか、一般のLINEアカウントとも連携できるようになっています。

ユーザーインターフェイスはLINEを踏襲、スタンプや写真・動画にファイル、位置情報などを共有できるほか、LINE WORKS同士に限り音声通話・ビデオ通話も可能となっています。

ビジネスツールとして

「LINE WORKS」はビジネスツールとしてスケジュール機能、掲示板機能、メール機能があり、ファイル共有機能ではWord/Excel/PDFといったファイルを閲覧・保存できるとしています。

他にも次のような企業向けサービスが提供されます。

  • ユーザー管理や会話履歴取得
  • 最大10年分のトーク、メールの送受信履歴を保管するアーカイブ機能
  • メッセージ暗号化
  • 一般LINEとのシステム分離
  • 国内データセンターでの提供
  • サービス稼働保証(99.9%のSLA)
  • 日本語のサポート体制
  • 組織やアドレス帳と連動するトークルーム
  • 情報の伝達漏れを防ぐための既読メンバーの個別確認機能

 

料金プラン

line-news-20170202

『LINE WORKS』に無料プランは用意されず、年払いで1ユーザーあたり月額300円の「ライト」、500円の「ベーシック」、1,000円の「プレミアム」といった3プランがラインアップとなっています。

  • ライト:年額プラン 300円/月、月額プラン 360円/月
  • ベーシック:年額プラン 500円/月、月額プラン 600円/月
  • プレミアム:年額プラン 1000円/月、月額プラン 1200円/月

プラン毎のサービス

line-news-20170202.2

利用できる範囲はプランにより異なり、メール/カレンダー/Drive/アーカイブ/共有ストレージの有無または規模が変わるようになっていました。

Source:LINE WORKS

LINEの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
LINE誤爆を消去、「送信取消機能」が公開

LINEは12月13日、メッセンジャーアプリ内の送信内容を24時間以内

LINE、「送信取消」を12月以降に実装へ、誤爆の調査結果も公開―キャンペーン

LINEは11月16日、同メインのコミュニケーションアプリ「LINE」

LINEモバイル、端末の分割払い対応を発表―スマホ・タブレットが月々590円~

LINEモバイルは10月24日、同社が販売するスマートフォンなどの端末

LINE、スマートスピーカー「Clova WAVE」発売―価格・スペック・キャンペーン

LINEは10月5日、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマート

LINEモバイル、2回線目以降の事務手数料が最大無料に

LINEモバイルは9月1日、既存の契約者が2回線目以降をマイページから

インターネット利用はスマホのみが全体の約半数に、10代は7割―LINE調査

LINEは7月24日、15~59歳を対象に2017年4月に実施したイン

スマートフォンだけで行える『LINE Pay 外貨両替』サービス提供開始、キャンペーン

国内全てのSBJ銀行の両替所で外貨両替や外貨購入を行える「LINE P

LINEモバイル、音楽配信が月750円「LINE MUSICオプション」発表―キャンペーン

LINEモバイルは7月18日、同社のMVNOサービス「LINEモバイル

LINEモバイル、通話料半額「いつでも電話」とオプション「10分電話かけ放題」・キャンペーンを発表

LINEモバイルは6月19日、同名のMVNOサービス「LINEモバイル

LINEとマイナンバー普及で政府と連携、年内にもスタート

「LINE」は6月15日、都内で開催した毎年恒例のイベント「LINE

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑