Moto Z Play(XT1635-03)でドコモ系SIM設定レビュー、格安SIMカードは使えるか

公開日: : Motorola , ,

今回、拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-03)』にドコモ系の格安SIMを装着して通信できるのか試したいと思います。

Moto-Z-Play-Review-SIM-IMG_2190

スポンサーリンク

Moto Z Play(XT1635-03)で格安SIMカードは使えるか

今回は月額0円から利用できる格安SIMカード「0SIM」を使って通信できるのか試した内容を記録します。

格安SIMカード「0SIM」を乗せた『Moto Z Play』のSIMスロットを装着するとSIMカードは自動的に認識され、すぐに「DOCOMO」と表示されました。

Moto-Z-Play-Review-SIM-IMG_2191トレイ「SIM1」に設置、「SIM2」も含めNanoSIM限定。

APN設定

次にSIMカードを使った通信が行えるようにAPN設定を行います。

Android標準の「設定」メニュー内にある「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」をたどると、驚いたことに国内のMVNO事業者向けAPN設定が用意されていました。

Moto-Z-Play-Review-apn-01国内MVNO事業者のAPN設定が登録済み。

「0SIM」なので「So-net LTE」を選びホーム画面に戻ると通信できる状態となっていました。APNが事前に登録されているのは助かりますね。

価格

Moto Z Playの日本における実売価格は32GBモデルが53000円前後(アマゾンの国内正規代理店は54284円でした)となっています。

今回レビューしているGearBestが販売する64GBモデルは時間限定+台数限定セールで43,397円となっていました。

Moto Z Playの最新価格と在庫状況などは次のリンクより確認できます。

リンク:Moto Z Play – GearBest

Moto Z Playの記事一覧

GearBest 3周年記念でXiaomi Redmi Note 4XやMoto Z Play、Cube Mix Plus、CUBE WP10のレビュー記事を追加しています。最新記事はGearBest 記事一覧

Motorolaの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『Moto Z2 Play』がTENAA通過、Moto Mods対応など一部スペック/バッテリー容量は誤記

モトローラがMoto Z Playの後継モデル『Moto Z2 Pla

デュアルカメラ/IP68防水『Moto X4』プレゼン動画リーク、一部スペック

Motorola未発表のスマートフォン『Moto X4』のプレゼンテー

Motorola未発表5型『Moto C / C Plus』の画像と一部スペックがリーク

Lenovo傘下のMotorola Mobilityが新しいスマートフ

Moto Z Play(XT1635-03)でドコモ系SIM設定レビュー、格安SIMカードは使えるか

今回、拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-

Moto Z Play(XT1635-03)レビュー、初回セットアップとAntutuベンチマークスコアほか

前回に引き続き拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1

変形スマホ「Moto Z Play」開封レビュー、3/20までのフラッシュセール実施中

日本での販売に力を入れている海外ショップ「GearBest」が3周年記

Moto Z向け物理キーボード「Physical Keyboard Mod For Moto Z」、Indiegogoで出資募集中

Moto Zの拡張機能「Moto Mods」向けに横向き5行のQWER

Motorola Moto Z 2016向けTWRPリリース

 日本でも発売が発表されたMotorola製の拡張できるスマートフォン

Motorola、拡張できるDSDSスマホ『Moto Z』『Moto Z Play』の日本投入を発表―価格・発売日・スペック・対応周波数

 Motorola Mobilityの日本法人モトローラ・モビリティ・

Moto G4 Plus の水没テストやSIMカード取り外しなどハンズオン動画レビュー

 デュアルSIMカードで3G+LTE回線の同時待受ができるデュアルスタ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑