LINEとマイナンバー普及で政府と連携、年内にもスタート

公開日: : LINE

「LINE」は6月15日、都内で開催した毎年恒例のイベント「LINE CONFERENCE 2017」において日本政府が提供する「マイナポータル」と年内にも連携することを明らかにしました。

LINE-news-20170615

スポンサーリンク

LINEとマイナンバー普及で政府と連携

本日のイベントには高市早苗総務大臣も登壇し、LINEがマイナンバーを使って電子申請などを利用できる「マイナポータル」と連携することで行政サービスを身近にと説明しました。

同サービスでは健康診断や予防接種など行政から送られる通知をLINEで受け取ることが可能になるほか、電子申請を利用する際はマイナポータルの専用URLが送信され、マイナポータルへ移動してから手続きを行う仕組みになっているためLINE側にマイナンバーや氏名が伝わることはないとしています。

高市早大臣は保育園の申請が利用される12月に向けて準備していると述べています。

LINEは韓国インターネットサービス最大手ネイバーの100%子会社として2000年に日本で設立された株式会社、今年の夏には機能制限された体験版スマートスピーカー「WAVE」がリリースされる予定で搭載される音声AI「Clova」はネイバーと共同開発したプラットホームとなっています。

前回の話
LINE、マイナンバーカードを使った行政サービスに対応へ―納税や子育て手続きなど

同時発表のスマートスピーカー
LINEの音声AI搭載スマートスピーカー『WAVE』発表―価格・発売時期

Source:LINE LIVE

LINEの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
LINE誤爆を消去、「送信取消機能」が公開

LINEは12月13日、メッセンジャーアプリ内の送信内容を24時間以内

LINE、「送信取消」を12月以降に実装へ、誤爆の調査結果も公開―キャンペーン

LINEは11月16日、同メインのコミュニケーションアプリ「LINE」

LINEモバイル、端末の分割払い対応を発表―スマホ・タブレットが月々590円~

LINEモバイルは10月24日、同社が販売するスマートフォンなどの端末

LINE、スマートスピーカー「Clova WAVE」発売―価格・スペック・キャンペーン

LINEは10月5日、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマート

LINEモバイル、2回線目以降の事務手数料が最大無料に

LINEモバイルは9月1日、既存の契約者が2回線目以降をマイページから

インターネット利用はスマホのみが全体の約半数に、10代は7割―LINE調査

LINEは7月24日、15~59歳を対象に2017年4月に実施したイン

スマートフォンだけで行える『LINE Pay 外貨両替』サービス提供開始、キャンペーン

国内全てのSBJ銀行の両替所で外貨両替や外貨購入を行える「LINE P

LINEモバイル、音楽配信が月750円「LINE MUSICオプション」発表―キャンペーン

LINEモバイルは7月18日、同社のMVNOサービス「LINEモバイル

LINEモバイル、通話料半額「いつでも電話」とオプション「10分電話かけ放題」・キャンペーンを発表

LINEモバイルは6月19日、同名のMVNOサービス「LINEモバイル

LINEとマイナンバー普及で政府と連携、年内にもスタート

「LINE」は6月15日、都内で開催した毎年恒例のイベント「LINE

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑