Cyanogen OSのCyngn、今は自立走行車・自動建設機械の事業へシフト

公開日: : 周辺機器 ,

かつてCyanogenMod Inc.としてCyanogen OSやカスタムROMの開発をしていた現Cyngnは、新たに自立走行車や自立式の工事車両の事業へシフトしていることが伝えられています。

Cyngn-Car

スポンサーリンク

Cyngn、自立走行車・工事車両の事業へシフト

CyanogenMod Inc.は2015年に5000万台のスマートフォンで同社のソフトウェアが動作し、2020年までに5億台で稼働させると突き進んでいましたが、最初の間違いといわれているOnePlusとのパートナーシップ終了から始まり、OME向けCyanogen OS提供も続けましたがインドに限られるなど苦戦していました。

内部抗争の末にCEOが2016年10月に辞職、11月にはシアトルのオフィスを閉鎖、そしてCyanogen OSのビルドも12月中に中止となりました。

それから同社は2017年2月から自立式マシンを開発する企業「Cyngn」として活動が確認されています。

自立車両のテスト

RecodeはCyngnが2017年9月にカリフォルニア州で自立車両をテストする許可を受け、ローダー、掘削機、その他の建設車両の自動化に取り組んでいることが報告されています。

さらに同メディアが入手した文書によれば同社は2億ドルを調達するかもしれないとのこと。

Android OSのカスタムROM開発企業が現在は自立走行車・自動建設機械を計画する会社に生まれ変わりました。どのようにして積み重ねた技術を活かすのか今後に注目です。

Source:Android Policerecode

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドスパラ、拡張ドックで増設できるスティックPC「Diginnos Stick DG-STK4」発売―スペック・価格

サードウェーブデジノスは1月19日、Windows 10搭載スティック

Nintendo Switchの脱獄(Jailbreak)間近か、2月リリースとも

任天堂の新ゲーム機『Nintendo Switch』の脱獄(Jailb

任天堂『Nintendo Labo』発表、Switchと連動する「新しいあそび」―動画・発売日・価格

任天堂は1月18日、事前予告していた「新しいあそび」としてNinten

ANKER、Qi対応ワイヤレス充電器2機種を発売―初のスタンド式も

ANKER JAPANは1月16日、Qi対応ワイヤレス充電器としてスタ

公道・玄関OKな折り畳み電動バイク『Cute-ml』が出資募集中、動画ほか

株式会社アクセスが日本のクラウドファンディングサイト「kibidan

GPD Pocketも充電できる大容量モバイルバッテリー「dodocool DP13」開封・試用レビュー/割引クーポン付き

技適を通過させたUMPC『GPD Pocket』も充電できるUSB P

ロジクール、最長3年間/7ボタン搭載『マラソンマウス M705m』発表―価格・発売日

ロジクールは1月12日、カスタマイズ可能なボタン7つを搭載した長寿命な

MediaTek未発表のHelio P40 / Helio P70がリーク

MediaTekが2018年にリリースする噂されている次期チップHel

Snapdragon 670/640/460のスペック表がリーク

Qualcommの最新SoCとなるSnapdragon 670/640

年末年始20%OFFクーポン、天然木LEDデスクライト『AUKEY LT-ST24』開封レビュー

モバイルバッテリーやUSBケーブル、スピーカーなどを取り扱うAUKEY

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑