世界50言語サポートの通訳デバイス『POCKETALK』発表、価格・発売日・スペック・動画

公開日: : 周辺機器 , ,

ソースネクストは10月23日、世界50言語以上に対応する通訳デバイス「POCKETALK」(ポケトーク)を発表しました。発売日は12月14日で本体価格は24800円+税、海外でも使える専用グローバルSIM(2年)も単体またはセットで販売されています。

sourcenext-pocketalk

スポンサーリンク

『POCKETALK』(ポケトーク)の価格・発売日・動画

『POCKETALK』(ポケトーク)は英語からペルシャ語まで世界50言語以上から任意の2言語を選んで会話ができる翻訳デバイス。操作方法は画面をタップして話しかけるだけで設定した言語に翻訳し発声します。また、20件まで履歴を表示し、選択して再生することもできるとしています。

sourcenext-pocketalk.1

ソースネクストは強みとしてクラウド上の最新翻訳エンジンを使った翻訳精度の高さを挙げています。連続で最大6時間バッテリー。

スペック、主な仕様

『POCKETALK』はWi-Fiに加えモバイル通信W-CDMA方式(3Gのみ)が利用できます。対応周波数は850/1900/2100MHzに対応。日本国内では2100MHz(docomo)で利用可能。

Bluetooth4.0搭載ながら現在は利用できないとのこと。

 

sourcenext-pocketalk.2

本体サイズは110×60×16mm、重量は約90gとしています。同梱のMicroUSBケーブルで充電します。

sourcenext-pocketalk.3

価格・発売日・カラーバリエーション

『POCKETALK』のカラーバリエーションはホワイト・ブラックの2色展開となっています。

本体価格は24800円+税、世界61ヵ国で使える専用グローバルSIM(2年)が単体で1万円+税、端末セットでは29800円+税にて設定されています。

いずれも発売日は12月14日、すでに予約受付が開始されています。

Source:ソースネクスト

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ANKER、Qi対応ワイヤレス充電器2機種を発売―初のスタンド式も

ANKER JAPANは1月16日、Qi対応ワイヤレス充電器としてスタ

公道・玄関OKな折り畳み電動バイク『Cute-ml』が出資募集中、動画ほか

株式会社アクセスが日本のクラウドファンディングサイト「kibidan

GPD Pocketも充電できる大容量モバイルバッテリー「dodocool DP13」開封・試用レビュー/割引クーポン付き

技適を通過させたUMPC『GPD Pocket』も充電できるUSB P

ロジクール、最長3年間/7ボタン搭載『マラソンマウス M705m』発表―価格・発売日

ロジクールは1月12日、カスタマイズ可能なボタン7つを搭載した長寿命な

MediaTek未発表のHelio P40 / Helio P70がリーク

MediaTekが2018年にリリースする噂されている次期チップHel

Snapdragon 670/640/460のスペック表がリーク

Qualcommの最新SoCとなるSnapdragon 670/640

年末年始20%OFFクーポン、天然木LEDデスクライト『AUKEY LT-ST24』開封レビュー

モバイルバッテリーやUSBケーブル、スピーカーなどを取り扱うAUKEY

クーポンあり、お洒落なミニ加湿器『Ocean-C humidifier』開封レビュー・感想

USB電源で駆動する手のひらサイズのミニ加湿器『Ocean-C hum

500個限定で1000円OFF、ANKERが完全ワイヤレスイヤホン『Zolo Liberty』発売

ANKER JAPANは12月24日、新しいスマートオーディオ ブラン

マイクロソフト、Mixed Reality認定PCと対応ヘッドセット同時購入で最大4万円OFFキャンペーン開始

日本マイクロソフトは12月15日、Windows Mixed Real

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑