僅か13gの世界最小ケータイ『Zanco tiny t1』登場、スペック・価格・出荷予定日

公開日: : スマートフォン ,

親指ほどの筐体で通話可能な世界最小と呼べる携帯電話『Zanco tiny t1』がKickstarterでキャンペーンを開始、出資者を募っています。

Zanco-tiny-t1

スポンサーリンク

『Zanco tiny t1』のスペック・価格・出荷予定日

これまでも世界最小を謳う製品はリリースされてきましたが、『Zanco tiny t1』はガラケーの姿を維持した携帯電話としては最後の最小にになるかもしれません。

Zanco-tiny-t1.03

本体サイズは高さ46.7mm、幅12mm、厚み12mmでディスプレイと物理キーを備えています。重さは僅か13g。もはやストラップとしてつけられそうですね。

『Zanco tiny t1』ができること

Zanco-tiny-t1.02

『Zanco tiny t1』には通話用のマイクとスピーカーがあり、モバイル通信用のNanoSIMスロットが設けられ、2G通信が可能、充電はMicroUSBで行うようになっています。

『Zanco tiny t1』のスペック

Zanco-tiny-t1.01

バッテリー容量は200mAhでスタンバイ3日間、通話180分となっています。電話帳は300件まで登録可能で、SMSメッセージは50件まで保存可能、直近50件の発着信を記録できるとのこと。

メモリとストレージは32B(32GBではありません)。

唯一のアプリとも言えそうな機能としてボイスチェンジャー(13種類の声)を備えています。

価格・出荷予定日

『Zanco tiny t1』の価格本体30ポンド+送料10ポンド=40ポンド(約6023円)で、出荷予定は2018年5月となっています。

残念ながら日本では使えませんが、海外旅行でプリペイドSIMを使うといったシーンで活躍できそうです。

Source:Kickstarter

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロジェクタ内蔵スマホ『Moviphone』登場、スペック・価格 #CES2018

Wireless Mobi SolutionsがCES 2018にてプ

僅か13gの世界最小ケータイ『Zanco tiny t1』登場、スペック・価格・出荷予定日

親指ほどの筐体で通話可能な世界最小と呼べる携帯電話『Zanco tin

中華スマホもワイヤレス充電の時代か、AllCall MIX 2で採用の可能性

AllCall Technology未発表のベゼルレス仕様スマートフォ

CES 2018でディスプレイ埋め込み指紋センサー「Clear ID」搭載スマホ発表へ

Synaptics社は米国時間12月12日、スマートフォン向けに世界初

ドコモ/au/Softbank、ユニバーサルサービス料を2018年1月から月額2円に

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは11月29日、ユニバーサルサービ

Wiko、4G+3GのDSDS対応5.7型SIMフリー『View』発表―発売日・価格・スペック・対応周波数

ウイコウ・ジャパンがアスペクト比18:9のSIMフリースマートフォン「

Doogeeが曲面ディスプレイ搭載スマホ計画か、画像・スペックがリーク

中国メーカーDoogeeが曲面ディスプレイを搭載したスマートフォンを計

ヤマダ電機、新SIMフリースマホ『EveryPhone BZ/PR』2機種を発表―価格・スペック・発売日

ヤマダ電機は11月8日、EveryPhoneシリーズの最新モデルとして

極小スマホ2.54型『Soyes 7S』が国内発売、価格・スペック

ヴェルテが中国Shenzhen AIEK Science &

カード型SIMフリー携帯『NichePhone-S』が11/10発売へ、スペック・価格・動画

フューチャーモデルがカードサイズながらテザリング機能を備えたSIMフリ

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑