僅か13gの世界最小ケータイ『Zanco tiny t1』登場、スペック・価格・出荷予定日

公開日: : スマートフォン ,

親指ほどの筐体で通話可能な世界最小と呼べる携帯電話『Zanco tiny t1』がKickstarterでキャンペーンを開始、出資者を募っています。

Zanco-tiny-t1

スポンサーリンク

『Zanco tiny t1』のスペック・価格・出荷予定日

これまでも世界最小を謳う製品はリリースされてきましたが、『Zanco tiny t1』はガラケーの姿を維持した携帯電話としては最後の最小にになるかもしれません。

Zanco-tiny-t1.03

本体サイズは高さ46.7mm、幅12mm、厚み12mmでディスプレイと物理キーを備えています。重さは僅か13g。もはやストラップとしてつけられそうですね。

『Zanco tiny t1』ができること

Zanco-tiny-t1.02

『Zanco tiny t1』には通話用のマイクとスピーカーがあり、モバイル通信用のNanoSIMスロットが設けられ、2G通信が可能、充電はMicroUSBで行うようになっています。

『Zanco tiny t1』のスペック

Zanco-tiny-t1.01

バッテリー容量は200mAhでスタンバイ3日間、通話180分となっています。電話帳は300件まで登録可能で、SMSメッセージは50件まで保存可能、直近50件の発着信を記録できるとのこと。

メモリとストレージは32B(32GBではありません)。

唯一のアプリとも言えそうな機能としてボイスチェンジャー(13種類の声)を備えています。

価格・出荷予定日

『Zanco tiny t1』の価格本体30ポンド+送料10ポンド=40ポンド(約6023円)で、出荷予定は2018年5月となっています。

残念ながら日本では使えませんが、海外旅行でプリペイドSIMを使うといったシーンで活躍できそうです。

Source:Kickstarter

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

VIVO NEXは1日目で初月分50万台を完売、メディアも高評価

VIVOが上海で6月12日に発表したノッチすらない画面占有率91.24

VIVO NEX分解レポート、ディスプレイ指紋センサーやポップアップ式カメラなど

VIVOが上海で6月12日で発表した画面占有率91.2%に達したベゼル

VIVO NEX ハンズオン動画が続々、Galaxy S9 PlusやOnePlus 6との比較も

画面占有率で頂点にたどり着いた『VIVO NEX』の開封やハンズオン動

Vivo NEX A発表、3辺ベゼルレス廉価版のスペック・価格・発売日

VIVOは上海で現地時間6月12日19:30より開催した発表イベントで

VIVO NEX発表、画面占有率91.2%などスペック・価格・発売日

VIVOは上海で現地時間6月12日19:30より開催した発表イベントで

発表直前『VIVO NEX / NEX S』の価格リーク

本日6月12日のイベントで発表される『VIVO NEX』と『VIVO

3辺ベゼルレス『Vivo NEX』のハンズオン動画リーク、明日6/12発表へ

いま最もベゼルレスなスマートフォン『Vivo NEX』は6月12日発表

完全ベゼルレス「VIVO NEX/NEX S」の製品画像とスペック、公式がフライング掲載

まもなく発表されるポップアップカメラ採用で完全なベゼルレスを目指した「

Unihertz Atom で技適取得を発表、世界最小タフネス仕様デュアルSIMスマートフォン

すでに8100万円の出資を獲得して大成功が約束された世界最小タフネス4

真のベゼルレス『Vivo Nex』が中国TVに登場、動画

まもなく6月12日に発表される予定のポップアップカメラ式を採用したこと

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑