ドコモとauとソフトバンク、LINE対抗でMMSを一斉導入へ

公開日: : モバイル通信

日経 xTECHは2月22日、特報として国内通信3社が従来のSMS機能を刷新し、動画や長文を送信できるようになるMMS(マルチメディアメッセージングサービス)を2018年内にも投入する方向で最終調整を進めていると報じました。

news-20180222

スポンサーリンク

ドコモとauとソフトバンク、MMS一斉導入へ

日経コンピュータの取材で判明したという今回のニュースですが、MMS導入の背景にはLINEを代表するメッセージングアプリに対抗し、各社の音楽配信や読み放題といった有料サービスの利用者を増やす目的があるとしています。

現在は電話番号があればガラケーも含め特定のアプリをインストールしなくても文字を送受信できるSMSが利用可能ですが、一度に送信できる文字数に制限があったり、絵文字の文字化け、一部機種を除いて動画を送れないといった問題がありました。

今回3社が導入するというMMSは世界中で幅広く採用されているメッセージングサービス規格で、LINEなどのようにアプリやアカウントを入手することなく動画や長文を送受信できるのが特徴でガラケーも快適になります。

同メディアによると今回のMMS一斉導入は1社でもかけると特定の人に動画が贈れないといった不都合から普及の妨げになることが挙げられおり、3社がメッセージングアプリ対抗に結託、いずれも「dマガジン」やau決済といった自社サービスへの展開も考えているようだと伝えています。

SMSは異なるキャリア間で1通3円かかりますが、MMSはパケット定額などに含められるため利用者が増えるかもしれません。続報を待ちたいと思います。

Source:日経 xTECH

モバイル通信の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

早くもHuawei P20 liteが13000円に値下げ、NifMoで最大60%OFFセール開催中

ニフティは6月22日、モバイル通信サービス「NifMo」でHuawei

LINE、新たに動く無料スタンプ120種類の追加を発表

LINE は6月22日、同名ののコミュニケーションアプリ LINE に

LINE、10円送金でマックとローソン計4商品が無料になる「10円ピンポン」開始/欅坂46の限定動画も

LINE Payは6月18日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で

通信3社、iOS版「+メッセージ」を6月下旬リリースへ

ドコモ、au、ソフトバンクの大手通信3社が2018年4月にリリースした

月額190円でソフトバンクiPhoneが使えるデータSIM「b-mobile S 190PadSIM」発表

日本通信は6月6日、SIMフリーまたはSIMロックのかかったソフトバン

LINEモバイル、最大10,400円OFFの「今だけ、2ヶ月間ぜーんぶゼロ」と「招待」キャンペーン展開中

LINEは6月1日、同社が運営するMVNOサービス「LINEモバイル」

DMMモバイル、3か月間ずっと月額900円OFFになるキャンペーン実施中

DMM.comが対象プラン契約者に対して月額基本料金を900円x3か月

3日間限定、ピザハットや寿司ざんまいにKFCなどのデリバリー半額に/更に70%pt還元も

NTTドコモは5月25日、同社が提供している出前・フード宅配サービス「

Google Pay、新たにSuicaとWAONを追加/電子マネーは4つに

Google Japanは5月24日、同日よりGoogleの支払いサー

ドコモが2018年夏モデル11機種を発表、Xperia XZ2やトリプルカメラHUAWEI P20 Proなど発売日

NTTドコモは5月16日、2018年夏モデルとしてスマートフォン10機

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑