スマホ4年縛りは独占禁止法か、見直し迫る可能性

公開日: : モバイル通信 , ,

これまで2年縛りという言葉をよく聞きましたが、現在は4年間同じスマートフォンを使い続ける契約となる4年払いの「4年縛り」がプランとして用意されており、それが独占禁止法に触れる可能性が指摘されています。

smartphone-news-20180624

スポンサーリンク

スマホ4年縛りは独占禁止法か

YOMIURI ONLINEによると、スマートフォンを4年間で分割払いする「4年縛り」プランに対して公正取引委員会が近く、独占禁止法などに違反する恐れがあるとの見解示すことがわかったと伝えました。

その理由として同プランで契約すると他社への乗り換えが難しく利用者を囲い込んでいると判断したようです。

このプランを採用しているのは KDDI とソフトバンク、対象のスマートフォンはAppleのiPhoneでプランは次のようになっています。

これらのプランではiPhone を四年間の分割払いで契約して、購入から2年後に新しい機種へ買い替えすると実質半額で買える仕組みとなっています。

しかし、同じプランへの加入など条件を満たさない場合は端末の残金を支払う必要があるほか、再加入後も2年ごとに同じことを繰り返すため他社への乗り換えが困難になる仕組みです。

smartphone-news-20180624.1

上図にもありますが、買い替え時に使用していた iPhone はキャリアに回収されるため、自分で所有したり売却することができません。

iPhone は2年前の機種であれば比較的高く売れるためキャリアも端末代金が回収できて、かつ高額な月額プランも継続ということでキャリアにとって都合のいいプランになっています。

現時点では独占禁止法の恐れがあるという段階なので、今後の展開に注目です。

Source:YOMIURI ONLINE

モバイル通信の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

7/31まで、IIJmioが『史上最強3つのお得なキャンペーン』実施中―初期費用1円や1年間3GB増量など

インターネットイニシアティブは3月1日、初期費用1円や1年間は月額30

ソフトバンクiPhone8が5分かけ放題5GBで一括5万円+月3630円など、4機種MNP案件

タブクル管理人がXperia XZをネット+郵送で契約したソフトバンク

ソフトバンク、防水・耐衝撃タフネス5型『DIGNO J』発売―スペック・機種代金・月月割

ソフトバンクは7月6日、防水・防塵・耐衝撃仕様の京セラ製スマートフォン

DMMモバイル、利用者向け夏のありがとうキャンペーン開催中/SIM変更0円

DMM.comが格安SIMカードサービス”DMMモバイル”利用者限定で

UQ moibleの15日間無料お試しTry UQ mobileに『HUAWEI P20 lite』が追加

UQコミュニケーションズが15日間無料でデータ通信などを確認できるサー

LINEモバイルがSoftBank回線サービスを開始、キャンペーンも

LINEモバイルは7月2日、同社が運営するMVNOサービス「LINEモ

LINE、7型スマートスピーカー『Clova Desk』発表/発売時期

LINEは6月28日、年に1度のカンファレンス「LINE CONFER

スマホ4年縛りは独占禁止法か、見直し迫る可能性

これまで2年縛りという言葉をよく聞きましたが、現在は4年間同じスマート

早くもHuawei P20 liteが13000円に値下げ、NifMoで最大60%OFFセール開催中

ニフティは6月22日、モバイル通信サービス「NifMo」でHuawei

LINE、新たに動く無料スタンプ120種類の追加を発表

LINE は6月22日、同名ののコミュニケーションアプリ LINE に

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑