原道 N90 双撃2 という中華Padの実力を調べる

本日、徹夜☆さんからコメントで思い出させて頂いた「原道 N90 双撃2」を調べてみました。

デュアルコアで1.9万以下、バッテリーとBluetoothが魅力の中華Padです。

さっそく、原道 N101双撃とスペック比較をしてみます。

YuanDao-N90-body

スポンサーリンク

原道 N90 双撃2 のスペック表

原道兄弟に加え近いサイズのL-06Cで対決させてみました。

スペックですが日本の情報は古いもの(5月頃)が多く誤記の可能性があるため

Pandawill等の知名度があるショップから集めて掲載が多い情報にしています。

それでも誤記があるかもしれませんが。。。

YuanDao-N90-spec

原道 N90 双撃2の大切なポイント3つ

  1. 大容量8000mAhバッテリー
    バッテリーが持ってなんぼのタブレットです。
  2. Bluetooth搭載
    中華Padで遊ぶならBluetoothも抑えておきたいところです。
  3. デュアルコア搭載で19,000円以下
    原道 N101双撃は21,480円ですから
    丁度2,500円安い計算になります。

原道 N90 双撃2は買いか

GPSの記載がないため、恐らくGPS非対応だと思います。

多機能性を求めるならL-06C

私は8.9インチで同スペックの L-06C を持っているため手は出せません。

L-06C は、ほぼ同額でGPS搭載&SIMフリー(Docomo MVNO限定)ですから

「タブレットで遊ぶ、使い倒す」用途だとL-06C に軍配が上がってしまいます。

しかし動画再生やSDスロット非対応を考えると必ずしもオススメはできません。

動画再生、バッテリー重視なら原道 N90 双撃2

バッテリーと動画再生を重視してBluetooth搭載を選ぶなら原道 N90 双撃2がオススメだと思います。

SDスロットで気軽に動画等を持ち運べますしTegra2よりも動作再生能力が高いとされるCPU(SOC)を積んでいます。

いわゆる中華Pad的な利用方法をするケースでは原道 N90 双撃2が良いと思います。

編集後記

9.7インチは600グラムを下回る可能性があり

大画面と携帯性を紙一重で実現するかも知れません。

どのサイズがメジャーになるのかわかりませんが

今後も大画面の中華Padから目が離せません。

現在の価格

その他・中華タブレットの記事一覧へ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

Apollo LakeスティックPC『BBen MN10』が18517円に、Banggoodで5機種に割引クーポン配布中

日本への販売に力を入れている海外通販サイトBanggoodよりApol

携帯3社プラチナバンド対応のOnePlus 5Tにクーポン、GearBestクリアランス・セールも開催中

日本への販売に力を入れている海外ショップGearBestより、ドコモな

SSD増設できる14.1型T-BAO Tbook 4が30308円に値下げ、Banggoodで6機種にクーポン配布中

日本への配送に対応する海外通販サイトBanggoodより、Intel

ドコモのプラチナバンド対応のRAM6GB防水5.5型『Vernee Active』が31079円に、クリスマスキャンペーン開催中 #TOMTOP

日本配送に対応する海外通販TOMTOPにて、ドコモとソフトバンクのプラ

RAM6GB版HUAWEI Honor 9が37820円に値下げ、Banggoodでスマホ5機種にクーポン配布中

日本への配送に対応する海外通販サイトBanggoodでHUAWEI H

1位はXiaomi、GearBestが年間売り上げランキング発表する12.12セール開催中

日本配送に対応する海外通販サイトGearBestが2017年の年間売り

Geekbuying 12.12セール開始、スマホやタブレットPC等に値下げクーポン配布中

日本への配送に対応する海外通販サイト”Geekbuying”にて12.

RAM6+128GBのベゼルレス6型『UMIDIGI S2 PRO』予約セールとクーポン #Banggood

日本配送に対応している海外通販サイトBanggoodにて、Galaxy

4.3型ゲーミングが3068円や予約中のXiaomi Redmi 5/5 PLUSなどに割引クーポン #Banggood

中国シャオミが現地時間12月12日に発売する予定の最新スマートフォン『

在庫処分セール、5.5型『ZTE AXON 7』最後の400点が29915円にて販売中 #GearBest

日本配送に対応する海外ショップ”GearBest”より以前レビュー機を

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑