Android搭載プロジェクター『GEANEE MPJ-A500』発表、10月上旬発売へ

公開日: : 周辺機器

 サムライマーケティングは20日、Android搭載のプロジェクター端末『GEANEE MPJ-A500』を発表しました。予想想定価格は39,800円、10月上旬発売予定。

geanee_mpj-a500

スポンサーリンク

『GEANEE MPJ-A500』のスペック

 『GEANEE MPJ-A500』は、プロジェクターを内蔵したAndroid端末で、OSはAndroid 4.0、CPUはTelechip 8925、RAM 1GB。内蔵ストレージは8GB(microSDHCカード対応:最大16GB)、Wi-Fi b/gに対応。バッテリーは搭載しておらず同梱のACアダプターより給電(最大 約30W)。ミニVGA/AV入力端子、HDMIを搭載。(ミニVGAケーブルとAVケーブルが同梱、HDMIケーブルは別売)1Wスピーカーが1つ、イヤホンジャックを備えています。本体サイズは約90.8×98.8×31.2mm、重さ 230g。

mpj-a500-7

 Androidを利用する際はプロジェクターより画面を出力、投影方式はDLP(光源はLED)、投影距離3m時でサイズが最大81cmで、画素数は409,220画素(854 x 480)、コントラスト比1000対1。動作音は60db。

mpj-a500-1

 Androidの操作は『GEANEE MPJ-A500』本体の天面にあるタッチパッドのほか、USB端子に別売りキーボード・マウスを接続し行うとのこと。

mpj-a500-2

Source:GEANEE

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドスパラ、拡張ドックで増設できるスティックPC「Diginnos Stick DG-STK4」発売―スペック・価格

サードウェーブデジノスは1月19日、Windows 10搭載スティック

Nintendo Switchの脱獄(Jailbreak)間近か、2月リリースとも

任天堂の新ゲーム機『Nintendo Switch』の脱獄(Jailb

任天堂『Nintendo Labo』発表、Switchと連動する「新しいあそび」―動画・発売日・価格

任天堂は1月18日、事前予告していた「新しいあそび」としてNinten

ANKER、Qi対応ワイヤレス充電器2機種を発売―初のスタンド式も

ANKER JAPANは1月16日、Qi対応ワイヤレス充電器としてスタ

公道・玄関OKな折り畳み電動バイク『Cute-ml』が出資募集中、動画ほか

株式会社アクセスが日本のクラウドファンディングサイト「kibidan

GPD Pocketも充電できる大容量モバイルバッテリー「dodocool DP13」開封・試用レビュー/割引クーポン付き

技適を通過させたUMPC『GPD Pocket』も充電できるUSB P

ロジクール、最長3年間/7ボタン搭載『マラソンマウス M705m』発表―価格・発売日

ロジクールは1月12日、カスタマイズ可能なボタン7つを搭載した長寿命な

MediaTek未発表のHelio P40 / Helio P70がリーク

MediaTekが2018年にリリースする噂されている次期チップHel

Snapdragon 670/640/460のスペック表がリーク

Qualcommの最新SoCとなるSnapdragon 670/640

年末年始20%OFFクーポン、天然木LEDデスクライト『AUKEY LT-ST24』開封レビュー

モバイルバッテリーやUSBケーブル、スピーカーなどを取り扱うAUKEY

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑