Android搭載プロジェクター『GEANEE MPJ-A500』発表、10月上旬発売へ

公開日: : 周辺機器

 サムライマーケティングは20日、Android搭載のプロジェクター端末『GEANEE MPJ-A500』を発表しました。予想想定価格は39,800円、10月上旬発売予定。

geanee_mpj-a500

スポンサーリンク

『GEANEE MPJ-A500』のスペック

 『GEANEE MPJ-A500』は、プロジェクターを内蔵したAndroid端末で、OSはAndroid 4.0、CPUはTelechip 8925、RAM 1GB。内蔵ストレージは8GB(microSDHCカード対応:最大16GB)、Wi-Fi b/gに対応。バッテリーは搭載しておらず同梱のACアダプターより給電(最大 約30W)。ミニVGA/AV入力端子、HDMIを搭載。(ミニVGAケーブルとAVケーブルが同梱、HDMIケーブルは別売)1Wスピーカーが1つ、イヤホンジャックを備えています。本体サイズは約90.8×98.8×31.2mm、重さ 230g。

mpj-a500-7

 Androidを利用する際はプロジェクターより画面を出力、投影方式はDLP(光源はLED)、投影距離3m時でサイズが最大81cmで、画素数は409,220画素(854 x 480)、コントラスト比1000対1。動作音は60db。

mpj-a500-1

 Androidの操作は『GEANEE MPJ-A500』本体の天面にあるタッチパッドのほか、USB端子に別売りキーボード・マウスを接続し行うとのこと。

mpj-a500-2

Source:GEANEE

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

7型タブレットが3,846円~やマウス・キーボードなど、Lightintheboxでフラッシュセール開催中

日本配送をサポートするオンラインストア”Lightinthebox”に

まだ間に合う「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』予約開始、各店舗で特設ページ開設

任天堂が6月に発表した『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

W-Fi/フルHDドライブレコーダー『Xiaomi MiJia』が値下げセール中 #Lightinthebox

中国シャオミが製造する3型ディスプレイとSony IMX323センサー

任天堂、9/16のミニスーファミ予約開始とミニファミコン生産再開を発表

任天堂は9月12日、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」

2方向にミスト・大容量4.0L『TENKER 加湿器』開封レビュー、3製品クーポンあり

2方向にミストを噴出できるノズルとタンクに水を4L入れておける超音波式

最大35%OFF、Koogeekブランドのスマート家電5製品クーポン

Koogeekブランドよりスマートランプのソケットなどスマート家電5製

操縦機付き『UDIRC ドローン U31W』開封レビュー、3製品クーポンあり

VRヘッドセットやスマートフォン操作にも対応し、専用の操縦機からワンボ

3製品20%OFFクーポンあり、1台2役『TENKER 布団クリーナー』開封レビュー・感想

ハンディ掃除機に専用ノズルを装着することで紫外線と温風で除菌する布団掃

ロジクール、7年ぶりのトラックボール『MX ERGO』発表―価格・発売日

ロジクールは9月6日、、⻑時間作業でも快適性を実現する最先端ワイヤレ

Anker、24時間限定で「プレミアムライトニングUSBケーブル」を632円に値下げ/2000本限定

Anker Japanは9月4日、新iPhone準備セールとして上半期

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑