筆圧感知/3G内蔵の『原道 W8S(Vido W8S)』発売―VivoTab Note 8とスペック比較、価格

公開日: : 原道 N70双撃 ,

 ついに『原道 W8SVido W8S)』が発売されました。これまで明らかにされていなかったスペックも判明したのでVivoTab Note 8 とスペック比較表を作成しました。

Vido-W8S-image

スポンサーリンク

原道 W8S(Vido W8S)発売、価格とスペックほか

 『原道 W8SVido W8S)』はビジネス向けという位置付けのWindowsタブレットで3Gモジュール内蔵、タブレット本体に収納できるパッシブ方式のデジタイザペン入力を備えています。

 とくにデジタイザペンには注力していて製品画像では何度も説明があります。対応しているWindowsアプリとしては「Bamboo Paper」「YouNote」「MetaMoji Note Life」、「Fresh Paint」「Sketch Touch」などが挙げられています。

原道 W8S(Vido W8S)のスペック表

 デジタイザ搭載8インチWindowsタブレットの代名詞『ASUS VivoTab Note 8』を並べたスペック表を作成しました。

 タブクル調べ
 tabkul.com
原道 Vido W8S ASUS VivoTab Note 8
OS Windows 8.1 Windows 8.1 32bit
CPU Intel Atom Z3735Fプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
Intel Atom Z3740
最大1.86GHz(4)
ストレージ 64GB / 128GB eMMC 32GB/64GB
SDカード MicroSDカード最大64GB MicroSDスロットあり
RAM 2GB DDR3L 2GB
液晶 8インチ/IPS液晶 8インチ/IPS液晶
解像度 1280x800(16:10) 1280×800
前面カメラ 200万画素 120万画素
背面カメラ 500万画素 500万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11 a/b/g/n
GPS 不明 GPS
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
HDMI  MiniHDMI 非搭載
サイズ 130×215×9.25mm 220,9×133,8×10,95 mm
重さ 328g 約380g
バッテリー 4,300mAh 3950mAh
価格 1599元(約3.01万円) 49,800円
その他 WCDMA 3Gモジュール内蔵、筆圧感知1024段階(パッシブ)、重力センサ/照度センサ スタイラスペン標準搭載/Microsoft Office 2013 Home & Student

 『原道 W8SVido W8S)』が「ASUS VivoTab Note 8」と互角に戦っています。

 Wi-Fi「a」非対応が辛いですがサイズは全て一回り小さく、重量も58g軽く、そしてバッテリーも4,300mAhと大容量、更にMiniHDMI搭載、、、「ASUS VivoTab Note 8」を上回っているようにも感じます。

 しかし、パッシブ方式のペン入力というのが気がかりです。前回のレビュー記事でぶれているペン入力が掲載されていましたが手書き入力の内容によっては大きく評価が変わりそうです。パッシブ方式の話は過去記事より確認できます。

原道 W8S(Vido W8S)の製品画像

Vido-W8S-image.1

 ペン入力が前面に押し出されています。

Vido-W8S-image.2

  3G通信に対応。

Vido-W8S-image.3

Intel Atom Z3735Fプロセッサ 1.33-1.83GHzクアッドコア搭載。

Vido-W8S-image.4

 RAM/ROMともに実用範囲。

Vido-W8S-image.5

 カラーバリエーション。

原道 W8S(Vido W8S)の価格

 『原道 W8SVido W8S)』はjd.comで価格1599元(約3.01万円)にて掲載されています。「ASUS VivoTab Note 8」は49,800円という値段が付けられていただけにデジタイザペンが問題なければ格安と呼べそうです。

 既に購入したユーザーと思われるレビュー画像が投稿されています。
 原道 W8S(Vido W8S)は筆圧感知1024段階!ペン入力レビューが公開される

Source:JD.com

筆圧感知できるタブレットの人気投票

サイズ・OS問わず筆圧感知できるタブレット(スマートフォン含む)の人気投票です。

8件のコメント

  1. 「ASUS VivoTab Note 8」

    vivotab note8が使いやすいですね

    2014年11月17日 04時50分/No.546900180d01c
  2. 「ASUS VivoTab Note 8」

    持ち運ぶのに丁度良い大きさ

    2014年11月19日 11時26分/No.546bfff05d1e0
  3. 「TOUGHPAD 4K UT-MA6」

    時代はAnoto式だよ

    2014年11月21日 08時31分/No.546e79c324470
  4. 「ASUS VivoTab Note 8」

    コスパは一番でしょう

    2014年12月4日 11時48分/No.547fcb8ca58e1
  5. 「ASUS VivoTab Note 8」

    現在使っているので‥。アタリ・ペン入れ・基本塗りくらいまでならいけます。8.9インチの後継機が気になりますが(笑

    2015年1月14日 11時07分/No.54b6780765b79
  6. 「DELL Venue 8 Pro」

    vivotabからvenueへ乗換組です。vivoはコード10が無ければ良かったのですが・・・

    2015年1月29日 03時44分/No.54c9d6d998af9
  7. 「ASUS VivoTab Note 8」

    USB3.1Type-CってN1以外に殆ど聞かない(次期マックで…って噂は聞く)けど流行しないのか時間が掛るのか

    2015年2月10日 06時41分/No.54d9d24aa3c83
  8. 「Microsoft Surface Pro 2」

    autocadが現場でグリグリいける幸せ

    2015年2月11日 10時43分/No.54dab3cedaa02

原道 N70双撃の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

中華パッドがWindows 10に対応、原道(Vido)がアップグレード用ファームウェア公開

 原道(VIDO)は現地時間7月30日、同社が提供する全ての32bit

デュアルOS/Retina解像度9.7型『原道 Vido M9i』発表/一部スペックと価格

 Windows 8.1 と Android を搭載したデュアルOSに

Core M/RAM4GB/SSD128GB、11.6型『原道 Vido W11X』の画像リーク/一部スペック

 『原道(Vido) W11X』とされる実機とレンダリング画像がリーク

遂にデュアルOS!『原道 Vido W7』がリーク、WindowsとAndroidを自由に切替可能

 ASUSが叶えられなかった夢を原道 Vidoが実現するのでしょうか、

筆圧感知/3G内蔵の『原道 W8S(Vido W8S)』発売―VivoTab Note 8とスペック比較、価格

 ついに『原道 W8S(Vido W8S)』が発売されました。これまで

原道 W8S(Vido W8S)は筆圧感知1024段階!ペン入力レビューが公開される

 8月から追いかけてきた8インチWindowsタブレット『原道 W8S

『原道 Vido W8S』の手書きペンは電磁誘導方式(VivoTab Note 8同等)か、専用キーボードやスペックほか

 手書き入力が強みの8型Windowsタブレット『原道 Vido W8

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑