『Pebble』がカウントダウン開始、薄型化・カラー液晶の次世代スマートウォッチ登場か

 スマートウォッチ『Pebble』を販売するPebble Technologyがカウントダウンを開始して話題となっています。海外では薄型化された筐体にカラー液晶ディスプレイと新しいOSを搭載した次世代スマートウォッチという噂が伝えられています。

pebble-countdown

スポンサーリンク

『Pebble』が謎のカウントダウン開始

 『Pebble』がカウントダウンしているページには笑っているスマートウォッチが掲載されているだけで他にヒントとなりそうな情報はありません。

Android Wearの通知もサポート、進化する『Pebble』

 『Pebble』といえば米国時間2月16日にAndroid向けアプリ「Pebble」(Ver2.3)を公開し、新たに「Android Wear」の通知機能をサポートしました。

 しかし、マイクやタッチ操作に対応していないほか、白黒ディスプレイのためAndroid Wear搭載スマートウォッチと同等の機能を発揮することはできません。それでも簡単な機能であれば実現できるようになりました。

 『Pebble』の強みであるバッテリー駆動時間を考えると実用的に進化しているといえます。

次世代スマートウォッチ登場の可能性

 PebbleのEric Migicovsky CEOはTheVergeのインタビューで、新しいデバイスとプラットフォームの導入計画を明らかにしており、Google Android Wear陣営やApple、Microsftなどの競合スマートウォッチとは異なる製品で攻めてくると思われます。

 9TO5Macは、次世代のスマートウォッチについて薄型化された筐体に、カラー電子ペーパーを採用する可能性を伝えています。

ラウンド型スマートウォッチの可能性を考える

 ジャパンディスプレイが発表したラウンド型の超省電力なカラー反射型液晶モジュールを搭載する可能性に期待したいところですが、サンプル出荷が3月、販売が7月ということでタイミングが合わないように感じます。

 Moto 360の人気から丸型「Pebble」が登場しても悪くない数字を残せると思いますが、液晶デザインが異なるスマートウォッチの表示に対応する労力を考えると実現は厳しいかもしれません。

 いろいろと妄想を楽しみながらカウントダウンを眺めたいと思います。

Source:Pebble9TO5Mac

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

KDDI au、月350円で電話番号を共有『ナンバーシェア』発表―Apple Watch対応

KDDIは9月13日、スマートフォンが手元になくてもApple Wat

NTTドコモ、月500円の電話番号シェア「ワンナンバーサービス」発表―Apple Watch対応

NTTドコモは9月13日、月額500円で1つの電話番号をスマートフォン

通話できる『Apple Watch series 3』発表、ドコモ/au/ソフトバンク通信可能―価格・発売日

Appleは日本時間9月13日午前2時より開催した新製品発表イベントに

LTE版『Apple Watch』がiOS11 GM版で見つかる、画像や単体通信・iPhone番号連携・通話など

リークされたiOS11 GM版からLTE対応の新しい「Apple Wa

Apple Watch Series 3は「eSIM」採用でデータ通信のみ対応か

「Apple Watch Series 3」のLTEモデルについて現行

Apple Watch 3はLTE/Wi-Fiモデルがあり、サイズ・デザインは維持か

Appleの次期スマートウォッチ「Apple Watch 3」(仮称)

次期「Apple Watch」(Series 3)はLTE通信サポートか、2017年内に発売とも

Appleの次期スマートウォッチ「Apple Watch」について、新

ASUS ZenWatch 3 (WI503Q)で値下げクーポンコード配布中

ASUS SHOPにおいてスマートウォッチ『ASUS ZenWatch

ソニー、充電不要のFeliCa内蔵ウォッチバンド『wena wrist leather』発表ー発売時期・価格

ソニーは7月3日、FeliCaを内蔵し電子マネー機能を搭載した腕時計用

NanoSIM対応スマートウォッチ『Makibes Talk T1』が11589円などメーカーセール実施中 #geekbuying

日本配送サポートの海外通販サイト”geekbuying”でAndroi

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑