Windows 10のログインは顔パス、『Windows Hello』と『Passport』発表

公開日: : Windows ,

 Microsoftは米国時間3月17日、次期OS「Windows 10」向けに生体認証システム『Windows Hello』とサードパーティ製アプリやウェブサービスのログインで利用できるプログラム「Passport」を発表しました。

Windows-hello-01

スポンサーリンク

Microsoft、次世代ログイン『Windows Hello』と『Passport』発表

 『Windows Hello』はWindows 10を搭載したパソコンやタブレット、スマートフォンの起動時に従来のパスワード入力ではなく、顔・虹彩・指紋で認証してログインする機能で、指紋スキャナやIntelの「RealSense」カメラなど生体センサーを搭載したデバイスで利用可能としています。

Windows-hello-02

 『Windows Hello』によりユーザーは指紋センサーに指を置くか、カメラ前に座ることでパスワードを入力することなく自動ログインが可能、もちろん記事冒頭の画像にあるような印刷した顔写真ではログインできず、顔を見せることで瞬時にログインされるようになっています。

 認証するために記録される顔や指紋といったデータは端末内部に保存され、Microsoftや第三者が取得することはできないほか、本人以外はログインすることができないとしています。

 『Windows Hello』はエンタープライズで使える水準のセキュリティを確保しているとのこと。

幅広いログインに使える『Microsoft Passport』

 『Microsoft Passport』はサードパーティ製アプリやウェブサービスといった様々なログインでパスワードを入力する手間を省くパスワードマネージャで、先程のWindows Helloやデバイス固有の暗証番号で個人を識別する仕組みとなっています。

Source:Microsoft Blog

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Windows「メモ帳」が年内にも大幅アップデート、数年ぶりの更新

Microsoftが2018年後半にリリース予定のRedstone 5

Microsoft、新特許『タッチレス入力』をWindowsに組込み予定

Microsoftがディスプレイに触れることなくジェスチャー操作が行え

遂にWindows 10プレビューでSwiftKeyが採用、今秋にも正式リリースか

Microsoftは米国時間6月14日、今から3年前にSwiftKey

Microsoft、iOS/Android端末をPCで閲覧・ファイル取り込みできる『Your Phone』発表

Microsoftは米国時間5月7日、BUILD 2018において新た

Windows 10 Sは制限機能「S Mode」として各SKUに追加か

これまでWindows 10のエディションの1つと思われていた「Win

QualcommとMicrosoft、正式に『ARM版Windows』を発表

Qualcommはハワイで現地時間12月5日より開催している「Snap

マイクロソフト、Qualcommに続きNVIDIAにWindows 10を要請か

米マイクロソフトがQualcommに続いて米国の半導体メーカーNVID

MS、Windows 10 Mobileと新端末の開発を終了へ/Joe Belfiore氏が諦めた理由を明らかに

MicrosoftのWindows OS担当副社長であるJoe Bel

Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

QualcommはIFA2017にて、常時接続で軽量な筐体にフルWin

Windows 10 Build 16257発表、新機能「Eve Control」を追加

Microsoftは米国時間8月2日、Windows 10 Insid

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑