Acer、約1.8万円のスタイラスペン対応8型Android『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』発表/スペックと価格

公開日: : Acer

 エイサーは米国時間4月23日、ニューヨークで開催したプレスイベントにおいてAndroid 5.0 Lollipop を搭載した8型タブレット『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』を発表しました。

 価格は149ドル(約1.78万円)で4月よりヨーロッパ、中東、アフリカから順次発売される予定となっています。

Acer-Iconia-One-8-B1-820-00

スポンサーリンク

『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』のスペックと価格

 『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』は Acer Precision Plus技術による正確なタッチと手描き体験が特徴で、スタイラスペンは別売りの「Acer Accurate Stylus」やペン先2.0mmの鉛筆でも手書きできるとしています。

 タッチツール「Acer Iconia Suite」では簡易ジェスチャーとクイックアクセスによりタスクを簡素化。

 保護カバーは10色で展開、ユーザーへユニークなスタイルを提供。

『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』のスペック

Acer-Iconia-One-8-B1-820-01

 『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』は画面サイズ8インチ(解像度1280x800)ゼロエアギャップ採用IPS液晶、CPUはIntel Atom Z3735Gプロセッサ 1.83GHzクアッドコア、RAM 1GB、内部ストレージ16GB/32GB、MicroSDカード対応。OSはAndroid 5.0 Lollipop。

 カメラは前面30万画素、背面500万画素で画角88度の広角レンズを採用。

 通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0。

 本体サイズは127.7 x 213.9 x 9.5 mm、重量355g。

 バッテリーは最大8.5時間駆動。

『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』の価格と発売日

Acer-Iconia-One-8-B1-820-02

 『Acer Iconia One 8 (B1-820) 』は価格149ドル(約1.78万円)でヨーロッパ、中東、アフリカにて4月より、北米で6月より発売される予定となっています。

Source:Acer

Acerの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本エイサー、筆圧感知ペン搭載12型2in1『Switch Alpha 12』発表―スペック

 日本エイサーは11月9日、パワフルなCPUとファンレスの静音性を併せ

Acer Spin 7/5/3/1 発表、2in1ノートPC4機種の一部スペック・価格

 AcerはドイツでIFA2016プレスカンファレンスにおいて、201

日本エイサー、水冷ファンレス2in1『Switch Alpha 12』発表 – 発売日

 日本エイサーは8月2日、Windows 10 Pro搭載2in1タブ

日本エイサー、Winスマホ『Liquid Jade Primo』の発売日を発表 – 対応周波数

 日本エイサーは8月2日、Windows 10 Mobileを搭載して

簡易PCにもなる5.5型 Acer Liquid Jade Primo が価格6.9万円にて米国で発売、スペック・対応周波数

 Microsoftがキーボードとマウス、専用ドッグをセットにした購入

Acer Aspire Switch 12 S、ようやく発売される – 2月予定→7月に

 12.5インチのWindows 10搭載2in1タブレットPC『Ac

14型 Acer TravelMate X349 は今秋リリース、価格・スペック

 Acerの指紋センサーを搭載した14インチWindowsノートパソコ

JIDE、Remix OS版『Acer Aspire ES1-131』を発表 – 一部スペック

 中国のJIDEは6月16日、Androidをベースにマルチウィンドウ

エイサー、360度回転11.6型『Aspire R11(R3-131T-A14N)』発表 – スペック・価格・発売日

 日本エイサーは6月9日、360度ディスプレイが回転するコンバーチブル

エイサー、約3.3万円の防滴キーボード11.6型『Aspire One AO1-132-N14N/W』発表 – スペック・価格・発売日

 日本エイサーは6月9日、Aspire シリーズで新たに11.6型ノー

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑