ドコモ、ソニー製スマホ『Xperia Z4 SO-03G』発表/6月中旬より発売

公開日: : ソニー ,

 NTTドコモは5月13日、2015年夏モデルとしてソニーのフラッグシップ端末5.2型Android搭載スマートフォン『Xperia Z4 SO-03G』を発表しました。

Xperia-Z4-SO-03G-00

スポンサーリンク

『Xperia Z4 SO-03G』の発売日とスペック

 『Xperia Z4』からマグネット充電が廃止され底面のキャップレスUSBが採用されたことで卓上ホルダは縦置き仕様となっています。今回、ドコモから発売される『Xperia Z4 SO-03G』はソニーモバイルが2015年4月20日に『Xperia Z4』として発表したスマートフォンと同じモデルとなっています。

Xperia-Z4-SO-03G-02

 VoLTEやNOTTV、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイに対応しています。

『Xperia Z4 SO-03G』のスペック

 『Xperia Z4』は画面サイズ5.2インチ(解像度1920x1080)トリルミナスディスプレイ for mobile液晶を搭載、CPUにはQualcomm Snapdragon 810プロセッサ 1.5GHz~2.0GHzオクタコア、RAM 3GB、内部ストレージ32GB+MicroSDカードスロット最大128GBに対応。

 防水性能はIPX5およびIPX8で防塵性能はIP6Xとなっています。

 通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、MIMO対応、Bluetooth 4.1、NFCに対応しています。

 インターフェイスは新たにキャップレス防水を実現したMicroUSBポート(MHL対応)を搭載。

 カメラは前面に約510万画素 裏面照射型CMOSセンサーExmor R for mobile、背面に約2070万画素 Exmor RS for mobileを搭載、電子式の手ぶれ補正を搭載しています。

 本体サイズは146 x 72 x 6.9mm、重さは144gでカラーバリエーションはホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色展開。

 バッテリー容量は2,930mAhで約17時間の長時間通話(3G)を実現しています。

Xperia-Z4-SO-03G-03

 カラーはBlack/Copper/Aqua Greenの3色展開となっています。

 『Xperia Z4 SO-03G』は2015年6月中旬に発売予定。

 前回のXperia Z4
 最新スマホ『Xperia Z4』と旧モデル「Z2」「Z3」のスペック比較表、違い

Source:ドコモ

ソニーの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベゼルレス Sony Xperiaのレンダリング画像リーク、画面埋め込み指紋センサーなどスペック・価格

Sony mobileの次期フラッグシップ・スマートフォンに関する設計

Xperiaの2018年モデル『H8324』がSony Mobileのウェブサイトで見つかる

Sony mobileの2018年モデルとなる型番『H8324』という

ソニー初のベゼルレスXperiaか、『Sony H8541』のスペックがリーク

ソニー初のベゼルレスXperiaになるかもしれないという型番『Sony

Sony Xperia ZG Compact が Geekbenchに登場、一部スペック・スコア

ソニーの未発表スマートフォンと思われる『Xperia ZG Compa

5.2型『Sony H4133』がGFXBenchに登場、2018年Xperiaスマートフォンの一部スペック

ベンチマークサイトGFXBenchにソニー未発表スマートフォン『SON

Xperia初の前面デュアルカメラ搭載か、6型Sony H3213 AvengerのスペックがGFXBenchでリーク

ベンチマークサイトGFXBenchにソニー未発表のスマートフォン『So

NTTドコモ、『Xperia XZ1 Compact SO-02K』の発売日を発表

NTTドコモは11月13日、ソニーモバイルの最新スマートフォン『Xpe

ソニー、犬型ロボット『aibo』(アイボ)発表―本体価格・維持費ほか

ソニーは11月1日、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エ

ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業でソフトバンク回線を提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズは10月24日、MVNE事業者に

ソニー、犬型ロボット「AIBO」復活か、独自OS搭載で来春にも

日本経済新聞は10月8日、ソニーが2018年春にも「AIBO」のような

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑