Google Play版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』配信開始、Androidアプリの価格は1,400円

公開日: : Android

 スクウェア・エニックスは6月5日、Google Play版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』を同日より配信開始したと発表しました。価格は1,400円。

FFT-for-Android

スポンサーリンク

Google Play版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』配信開始

 『ファイナルファンタジータクティクス』は1997年にプレイステーション向けに発売され世界累計出荷240万本以上の売上を記録した人気シミュレーションRPG。2007年には映像やシナリオ、ジョブといった多岐にわたる要素を追加したリメイク版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』をPSP用ソフトとしてリリースしています。

FFT-for-Android.1

 今回リリースされたスマートフォン版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』はタッチ操作にあわせたカスタマイズが施され、ユニット選択も直接タップするなど直感的にコントロールできるとしています。また、マップ視点も従来の固定からスワイプやピンチイン・ピンチアウトによる自由な回転、拡大縮小が可能となっています。

 さらにキャラクターが高解像度化、描画スピードの向上といった改善も行われるなど力の入ったゲームとなっています。

FFT-for-Android.2

 Google Play版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』は価格1,400円、ファイルサイズは663MBでAndroid 4.0以上に対応となっています。

Source:ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 – Google PlayFFT

Androidの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

格安スマホ42機種がトロイの木馬に感染したまま出荷、Dr.WEB発表

ロシアのセキュリティソフトメーカーDr.WEB(Doctor WEB)

Android Pは複数画面やノッチに対応か、お菓子名についても

Googleのモバイル向けOS「Android」の次期バージョン「P」

Google、ローエンド向けOS『Android Oreo (Go edition)』発表

米Googleは現地時間12月5日、ストレージ容量が8GBなどのローエ

『Android 8.0 Oreo』発表、起動時間短縮やPinP機能など

Googleは米国時間8月21日、モバイル端末向けOS『Android

まもなく発表の「Android 8.0 O」はOREOか、Orelleteか―イメージ画像が登場

Googleが米国時間8月21日に発表するAndroid OSの次期バ

Google、『Android O』の米国時間8月21日リリースを発表―Oreoか

Googleは日本時間8月19日午前1時、同社のモバイル端末向けOS「

グーグル、日本語版『Googleアシスタント』提供開始を発表

Google Japanは5月29日、Androidスマートフォン向け

Google、Androidでアプリ間のドラッグアンドドロップに関する特許

Googleがモバイル端末向けAndroid OSにおいてドラッグアン

JIDE、新OS『Remix OS for Mobile』を発表―Windows 10 Continuum風

中国のスタートアップJIDE TechnologyがRemix OSに

次期Android 8.0は「Oreo」か、Google SVPがTwitterに意味深な画像を投稿

GoogleのAndroid / Chrome OSのSVPが次期An

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑