Windowsでリモート操作される脆弱性が発見される、深刻度は”緊急”―アップデート(3079904)提供開始

公開日: : Windows ,

 Microsoftは7月21日、Windowsのフォント ドライバーの脆弱性によりリモートでコードが実行されるとして「緊急」のアップデートを呼びかけています。

ms-3079904.1

スポンサーリンク

緊急アップデート、Windowsでリモート操作される脆弱性あり

Microsoftが発表した概要は次のようになっています。

このセキュリティ更新プログラムにより、Microsoft Windows の脆弱性が解決されます。 この脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いたり、埋め込まれた OpenType フォントを含む信頼されていない web ページにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります。 

このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポートされているリリースの Microsoft Windows について、深刻度「緊急」と評価されています。 詳細については、「影響を受けるソフトウェア」のセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows Adobe Type Manager Library が OpenType フォントを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。 この脆弱性に関する詳細情報は、「脆弱性の情報」を参照してください。 この更新プログラムの詳細については、サポート技術情報 3079904 を参照してください。

 アップデートを行う必要があるOSバージョンはWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / Server 2008 / Server 2012 / RT / RT 8.1 / Server Coreと全てと言える状況です。

 更新プログラムはWindows Updateを通じて入手可能で、自動更新をオンにすることでダウンロードされインストールが可能です。手持ちのWindows 8.1搭載PCにはアップデートが配信され、再起動が必要でした。

 深刻度は”緊急”となっているため早急のアップデートをオススメします。

Source:Tech Center

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MS、Windows 10 Mobileと新端末の開発を終了へ/Joe Belfiore氏が諦めた理由を明らかに

MicrosoftのWindows OS担当副社長であるJoe Bel

Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

QualcommはIFA2017にて、常時接続で軽量な筐体にフルWin

Windows 10 Build 16257発表、新機能「Eve Control」を追加

Microsoftは米国時間8月2日、Windows 10 Insid

Windows Subsystem for Linuxが今秋にも正式リリースへ

Microsoftは米国時間7月28日、ベータ版として提供していた『W

Microsoft、Windows XP/Server2003にもセキュリティ更新プログラム公開を発表―WannaCry等リスクに備え

Microsoftは米国時間6月13日、先月 猛威を振るったランサムウ

Microsoft、eSIM搭載『Always Connected PC』構想を発表–ASUS/VAIO/Xiaomiなど参加

Microsoftは台湾で開催中のComputex Taipei 20

『Windows 10 on ARM』は5/31発表へ #Computex2017

MicrosoftとQualcommがメディア向けに送付した招待状から

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

ランサムウェア「WannaCry」の暗号化を解読、Windows XP向け解除ツール「Wannakey」配布開始

2017年5月より世界中でWindows XPに感染してファイルを暗号

データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑