中華パッドがWindows 10に対応、原道(Vido)がアップグレード用ファームウェア公開

公開日: : 原道 N70双撃 ,

 原道(VIDO)は現地時間7月30日、同社が提供する全ての32bit版WindowsタブレットPCについて、ドライバと「Windows 10」システムを含めたアップグレード用ファームウェアを公開したと発表しました。

vido-windows10-upgrade-01

スポンサーリンク

原道(Vido)がWindows 10 アップグレード用ファームウェアを公開

 原道(VIDO)は公式サイト内のダウンロードセンターにWindows 8 タブレット向けのWindows 10 システムを公開しました。

 ファイルサイズは3.01GBとのこと。

 N70シリーズやW8C、W10といったタブレットで利用できるようです。

 中華パッドといえば昨日7月30日、Windows.isoファイルから無理矢理Windows 10へアップグレードして失敗復活)したばかりです。今回の公式に配布されたバージョンであれば安心できそうですね。

Source:原道(Vido)

原道 N70双撃の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

中華パッドがWindows 10に対応、原道(Vido)がアップグレード用ファームウェア公開

 原道(VIDO)は現地時間7月30日、同社が提供する全ての32bit

デュアルOS/Retina解像度9.7型『原道 Vido M9i』発表/一部スペックと価格

 Windows 8.1 と Android を搭載したデュアルOSに

Core M/RAM4GB/SSD128GB、11.6型『原道 Vido W11X』の画像リーク/一部スペック

 『原道(Vido) W11X』とされる実機とレンダリング画像がリーク

遂にデュアルOS!『原道 Vido W7』がリーク、WindowsとAndroidを自由に切替可能

 ASUSが叶えられなかった夢を原道 Vidoが実現するのでしょうか、

筆圧感知/3G内蔵の『原道 W8S(Vido W8S)』発売―VivoTab Note 8とスペック比較、価格

 ついに『原道 W8S(Vido W8S)』が発売されました。これまで

原道 W8S(Vido W8S)は筆圧感知1024段階!ペン入力レビューが公開される

 8月から追いかけてきた8インチWindowsタブレット『原道 W8S

『原道 Vido W8S』の手書きペンは電磁誘導方式(VivoTab Note 8同等)か、専用キーボードやスペックほか

 手書き入力が強みの8型Windowsタブレット『原道 Vido W8

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑