SIMフリー5インチ『ZTE Blade V6』は12月3日に発売、価格・スペック・対応周波数

公開日: : ZTE ,

 ZTEジャパンは11月30日、5インチのSIMフリーAndroidスマートフォン『ZTE Blade V6』を12月3日に価格26,800円(税抜)で発売すると発表しました。

ZTE-Blade-V6-01

『ZTE Blade V6』の価格・スペック・対応周波数

 『ZTE Blade V6』は5インチのHDディスプレイにMT6735 1.3GHzクアッドコアプロセッサ、1300万画素の背面カメラ、デュアルSIMスロットを備え、高品質アルミ合金のボディを採用しながら軽量・超薄の持ちやすい本体サイズを実現したスマートフォンとなっています。

主な仕様・スペック

 タブクル調べ
 tabkul.com
ZTE Blade V6
OS Android 5.0 Lollipop
CPU MediaTek MT6735プロセッサ Cortex-A53 64bit 1.3GHzx4コア
RAM 2GB
ストレージ 16GB 
SDカード microSDカード(最大32GB)
液晶 5インチIPS液晶
解像度 1280×720ドット(HD)
前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1300万画素
Wi-Fi 802.11 b/g/n
2G EDGE/GSM 850/900/1800/1900MHz
3G W-CDMA Band1/6/8/19
4G LTE Band1/3/8/19
GPS 非掲載
Bluetooth Bluetooth 4.0 + LE
USB MicroUSB
映像出力 非搭載
サイズ 約69.5×6.8×142mm 
重さ 約122g
バッテリー 2,200mAh
価格 2015/12/3より税抜26,800円

 

 プロセッサについては「MT6735」と記載があり、恐らくMediaTek製MT6735プロセッサと思われます。同製品はARM Cortex-A53 64bitプロセッサ(1.3GHzx4コア)とARM Mali-T720グラフィックスにより構成され、ミッドレンジ向けとなっています。

 最大1300万画素やBluetooth 4.0などに対応しているとあり、同プロセッサの限界までスペックを高めたスマートフォンと言えそうです。

モバイル通信について

 『ZTE Blade V6』はMicroSIMカードとnanoSIMカードを同時に差し込めるデュアルSIMスロットを搭載していますが、nanoSIMカードはGSM専用のため対応する国へ旅行で行った際に使えることになります。

 MicroSIMカードは4G LTE/W-CDMAをサポートしています。

 また、microSDカードはスロット2(nanoSIM)と排他利用のためnanoSIMカードを使う際はSDカードが使えなくなります。

バッテリー駆動時間

 『ZTE Blade V6』は容量2,200mAhのバッテリーを搭載しており、連続待受時間が約450時間、連続通話時間が約12時間となっています。

価格・発売日

 『ZTE Blade V6』は全国の主要家電量販店やMVNO各社より2015年12月3日より税抜価格26,800円にて発売される予定となっています。

 カラーバリエーションはシルバー、グレーの2色展開。

アマゾンにおけるZTE Blade V6の価格

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade V6(グレー) BLADE V6-G

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade V6(グレー) BLADE V6-G
ZTE
価格: 28,840円 レビュー0件(2015/12/01現在)

 



Source:ZTE

よく一緒に閲覧される記事

ZTE Axon Sは横スライド式のトリプルカメラ搭載スマホか、レンダリング画像

日本ではドコモとタッグを組んで2画面の折り畳みスマートフォンをリリース

両面ディスプレイ『ZTE Nubia X』の背面パネル動画、ディスプレイに見えない造り

背面にもカラーディスプレイを搭載した2画面構成のスマートフォン『ZTE

画面占有率で世界2位!デュアルディスプレイ『ZTE Nubia X』発表、スペック・価格・発売日

前面と背面にディスプレイを備えたデュアルディスプレイ・2画面スマホ『Z

→もっと見る

PAGE TOP ↑