6/15まで、iPhoneを震度計に『i震度』が無料配布中・使い方を考える #震災支援

公開日: : iOS アプリ

 白山工業は4月15日、機種変更で使わなくなったiPhoneやiPod touchを震度計にするiOSアプリ『i震度』(アイシンド)を期間限定で無料配布しています。

ishindo-1

iPhoneを震度計に『i震度』が無料配布中

 iOSアプリ『i震度』は”ゆれ”(震度)の大きさを数字と色で表示、過去の震度データを一覧で確認可能でiCloudで最大10台までデータを共有できるとしています。

 また、予め設定しておいた震度になるとフロントカメラによる撮影できるためフォトストリーム経由で外出先から確認できるとしています。

設置方法・注意点

 『i震度』は他のiOSアプリとは異なり”ゆれ”を検知するため、普段から持ち歩いているデバイスではなく使わなくなったiPhone、古くなって自宅内で再生専用として使っているiPod touchなどにインストールするようになります。

ishindo-2

 設置場所も”ゆれ”やすい場所でなく壁や造り付けの棚などに設置するよう案内されています。

ishindo-3

 設置手順の参考として同社が掲載しているのは両面テープを使った方法、私は市販のクレードルに両面テープを貼って音楽プレーヤー兼用として使うのが良いかなと思いました。

使い方を考える

 『i震度』はiCloud経由で最大10台のデータを共有できるので、単身赴任中や大学・自立して1人暮らしをしている家族や実家の両親など離れて暮らす親戚にインストール、設置することで突然の地震で通信キャリアがダウンしても被害状況を写真や数字(震度)で把握できるという強みがあります。

 震度7だけど実家の画像を見る限り何も倒れていないなど判明していれば深夜の高速や飛行機で慌てて駆けつけることもなくなり、本当に被害が酷い地域の人たちが優先的に移動手段や物資を入手できることになると考えると素晴らしいアプリだと思いました。

 固定しても良いiPhone/iPod Touchと、インストール&アップデートやOS更新などによるアプリ停止時に対応できるスキル、そして設置という手間を乗り越えるだけの価値はあるかも知れません。

無料期間/ダウンロード

 『i震度』は2016年4月15日~6月15日までの期間限定で無料セールを実施しています。

i震度

${appname}

i震度

価格: 240円→無料(2016.4.24時点)

天気, 教育サイズ:2 MB

説明・画像

univss1univss2

 他にも通常1,900円のiOSアプリ「家庭の医学」が震災支援として無料セールを実施するなど取り組みが行われています。→震災支援の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑