Windows 10 Cloud の最小システム要件リーク、ChromebookやRTとの比較

公開日: : Windows

Microsoftが5月2日に開催するイベントで発表されることが期待されているOS『Windows 10 Cloud』の最小システム要件がリークされました。

windows-10-cloudbook-targets

Windows 10 Cloud の最小システム要件リーク

Windows Centralは独自で入手した社内文書として、Windows 10 Cloudについて必要な最小ハードウェア要件を記した画像を公開、そこにはWindows RT2とChrombookとのパフォーマンスベンチマーク比較も記載されています。

先にMicrosoftが求めるWindows 10 Cloudを搭載した「CloudBook」の最小ハードウェア要件は次のようになっています。

  • CPU:(Celeron以上の)クアッドコアプロセッサ
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32bitなら32GB、64bitなら64GBで高速eMMCまたはSSD
  • バッテリー:40WHr以上
  • オプション:ペンとタッチ

タッチスクリーンディスプレイとペン入力はオプションとして追加されており、Microsoftがメーカーに期待している機能であることがわかります。

Windows RTやChromebookとの比較

同メディアは『Windows 10 Cloud』が「Windows RT」と異なる次の違いを挙げています。

  • OSをHomeまたはProにアップグレードする機能
  • 成熟したUniversal Windows Platform(UWP)アプリの存在
  • "Project Centennial"ブリッジ経由でWin32アプリを実行する機能
  • 商用・消費者にあわせ調整されたハードウェアチーム

また、記事冒頭の画像にはChromebookとのパフォーマンス比較が掲載されており、Windows 10 Cloudを搭載した「CloudBook」で注力している項目がバッテリー駆動時間、起動時間(ログイン/サインイン)であることが確認できます。

MicrosoftとQualcommが協力して開発を進めているSnapdragon 835を搭載したARM版Windows 10搭載モバイルPCは2017年10月から12月にかけて発売する予定とも伝えられています。

最近のMicrosoft

ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

Microsoft、5/2にネットブック『Surface CloudBook』発表か―Snapdragon 835とWindows 10 Cloud搭載とも

Source:Windows Central

よく一緒に閲覧される記事

5分でLumiaスマホにWindows 10導入、Lumia 950 XL向けROMリリース

Windows 10がARMプロセッサでも動作するようになり、そこへ終

Windows 10 Mobileは終わり、Windows PhoneはARMで蘇る。

スマートフォンにWindowsシステムを連れてくる夢のOS「Windo

ARM版『Surface Pro』試作機を開発か、Snapdragon搭載モデルの可能性

MicrosoftがSnapdragonを搭載した『Surface P

→もっと見る

PAGE TOP ↑