SONY IMX586発表、スマホ向け業界最多4800万画素イメージセンサー登場

公開日: : ソニー

ソニーは、業界最多となる有効4800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー『IMX586』を商品化すると発表しました。

sony-camera-48mp-imx586.0

SONY IMX586発表

ソニーによるとSONY IMX586は、高性能なデジタル一眼カメラに匹敵する有効4800万画素を実現。スマートフォンのカメラでも高解像度な美しい画像を残せるとしています。

sony-camera-48mp-imx586

画素の微細化が難しいなか感度と飽和信号量の高い世界最小0.8μmの微細画素の開発に初めて成功、対角8.0mmという多くのスマートフォンに搭載可能なサイズでありながら有効4800万画素を実現したとしています。

IMX586が採用したQuad Bayer配列は次のようになっており、高感度と高解像度を両立しているとしています。

sony-camera-48mp-imx586.1

Quad Bayer配列により画素サイズ1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高め、低ノイズで明るい写真や動画の撮影が行えるとのこと。

さらにソニー独自の露光制御技術と信号処理機能をイメージセンサー内により、従来比4倍となるダイナミックレンジの広い撮影やリアルタイム出力を実現。画面内に明るいところと暗いところが共存するシーンでも白飛びや黒潰れを抑えた画像をスマートフォンのディスプレイで見ながら撮影することができるようになったとしています。

主な仕様

sony-camera-48mp-imx586.2

SONY IMX586のサンプル出荷時期は2018年9月。サンプル価格は3000円となっています。今後のフラッグシップ・スマートフォンでの採用が期待されます。

Source:ソニー

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが21:9比の「Xperia 8 Lite」発表、スペック・発売日・価格

ソニーは8月26日、21:9ワイドディスプレイ体験を手軽に楽しめる

旧モデルWH-1000XM3が海外で1万円OFFに

ソニーが先日リリースした最新ノイズキャンセリング・ヘッドホン「WH

SONY WH-1000XM4は買いか、旧モデルと比較

ソニーは8月7日、ノイズキャンセリング機能付きBluetoothヘ

→もっと見る

PAGE TOP ↑