グーグルプラスの個人向けサービス終了、50万人の情報流出か

公開日: : ニュース

ロイターは10月9日、Googleが8日にGoogle+の個人向けサービスを終了することを明らかにしたと報じました。同サービスの利用者で最大50万人のユーザーに関する個人情報が流出した可能性があることを理由に挙げています。

Google-Plus-app

グーグルプラスの個人向けサービス終了

ロイターはGoogleの話として、ソフトウェア上の問題により2018年3月までの2年以上にわたり、社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていたと報じました。

また、問題を調査した結果として「開発者がバグを認識していた証拠はない」とも伝えています。

なお、問題は既に解決済みで、情報が悪用された形跡はないとしています。

これについて、ウォールストリートジャーナルは関係筋の話としてGoogleは規制強化を懸念して問題を早期に公表しなかったと報じています。

今回の影響か、8日の米国株式市場で親会社のアルファベットは約1%安で引けたそうです。

Source:ロイター

よく一緒に閲覧される記事

電柱を5G基地局に、東京電力PG/KDDI/ソフトバンク/楽天が実証実験を実施へ

東京電力パワーグリッド、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワー

Googleがゲーム業界に本格参入へ、「ゲームへ投資した費用の全貌」3/19のGDCイベント告知

昨年はゲーム機やストリーミングサービスの噂が流れたGoogle、そんな

女子高生がロボットに冬休みの宿題を任せて話題に

中国の旧正月に出された冬休みの宿題を女子高生がロボットを使って自動で終

→もっと見る

PAGE TOP ↑