1.05kgの13.3型『ASUS ZenBook S UX391UA』発表、スペック・価格。・発売日

公開日: : ASUS

ASUS JAPANは10月11日、重さ1.05kgの13.3型ウルトラスリムノートPC「ASUS ZenBook S UX391UA」(型番:UX391UA-825R / UX391UA-825RS)を発表しました。

ASUS-ZenBook-S-UX391UA_UX391UA-825R

『ASUS ZenBook S UX391UA』発表、スペック・価格。・発売日

ASUS JAPANは2018年6月20日に同名で型番違いの『ASUS ZenBook S UX391UA』を発表しています。今回のモデルとはカラーバリエーションと重量が1.08kgから1.05kgとわずかに軽く、CPUがCore i7ではなくCore i5を搭載するなど仕様が異なります。

また、今回のASUS ZenBook S UX391UAは、付属するビジネス統合ソフトの違いで2モデルあり、型番が「UX391UA-825RS」のモデルがMicrosoft Office Home and Business 2016を付属したモデル、「UX391UA-825R」のモデルがキングソフト WPS Officeを付属したモデルとなっています。

『ASUS ZenBook S UX391UA』の主な特徴

ASUS-ZenBook-S-UX391UA_UX391UA-825R.01

ASUSによる主な特長は次のようになっています。

・12.9mmの薄さと約1.05kgの軽さのウルトラスリムなノートPC
1枚の板のようにも見えるアルミニウム合金製の本体は、薄さがわずか12.9mmしかなく、エッジ部を斜めにカットしたデザインとも相まって、まさに「匠の技」と言える極めて高度な技術によって実現されています。薄さだけでなく、約1.05kgの軽さも実現しており、モバイルノートPCとして気軽に持ち歩くことが可能です。最長約14.7時間の長時間のバッテリー駆動時間も特徴となっています。

・使用時に5.5度傾くユニークなギミックを搭載
革新的なエルゴリフトヒンジによって、液晶を開くと本体が手前に5.5度傾くようにできており、タイピング時の疲労を軽減します。また、本体と接地面との間にできる隙間を利用して底面から放熱を行えるため、スリムな本体でありながら内部を低い温度に保つことができます。

・個性的で上品なバーガンディレッドカラー
赤系統の色でありながら、派手さがなく大人の雰囲気を漂わせるバーガンディレッドを本体カラーに採用しました。今までのノートPCにはない、個性的で上品な雰囲気を持たせています。

・Windowsにワンタッチでログインできる指紋認証センサーを搭載
タッチパッドの右上部分には指紋認証センサーを搭載しているので、Windowsへのログインをワンタッチで行えます。高いセキュリティを実現しつつ、素早く簡単なログインが可能となっています。

スペック表

ASUS-ZenBook-S-UX391UA_UX391UA-825R-Spec

カタログでは厚みが12.9mmと薄いこと、重さが1.05kgと軽いこと、そしてバッテリー駆動時間が最大14.7時間ということを強調していました。

他にはキーボードの傾斜によりエアフローを向上させるスペースが生まれる最先端のコンポーネントによる冷却システムの搭載、Windows Helloに対応した指紋認証センサーが紹介されています。

発売日・価格

「ASUS ZenBook S UX391UA」の発売日は2018年10月19日(金)としています。

希望小売価格は型番「UX391UA-825RS」が156,500円+税、型番「UX391UA-825R」が129,500円+税となっています。

Source:ASUS(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑