最強UMPC『One Mix 3S』発表へ、今度はメモリ16GBに512GB NVMeなどスペック

公開日: : 最終更新日:2019/05/18 その他・中華タブレット , ,

One-Mix-3s

ONE-NETBOOK Technologyは5月17日、新たに最大3.9GHzのCore i5プロセッサやメモリ16GBを備えたフルスペック仕様のノートパソコンをUMPCシリーズとなる『One Mix 3s』としてリリースすることを発表した。

『One Mix 3S』のスペック

本日の記事で海外ショップGeekbuyingが先行して『One Mix 3』の予約受付を開始したと伝えたばかりだが、さらに『One Mix 3S』と呼ばれるデバイスが投入される。

その名前の通り『One Mix 3』の筐体を使っているため画面サイズは8.4インチで360度ヒンジを搭載、解像度は2560 x 1600と高く、4096段階のスタイラスペンを利用できる。

CPUにはCore i5-8200Yプロセッサ(最大3.9GHz)、なんとメモリは16GB、ストレージは512GB PCIe NVMe+空きM.2 スロットを備える。外部GPUこそないが、MacBook Proも驚く仕様だ。

インターフェイスも同じでUSB-C、USB 3.0 Type-A、micro HDMI、microSDカードスロットを備え、バッテリー容量は8,600mAhとなっている。

本体サイズは204x129x14.9mm、重量は659g。OSはWindows 10 Homeをプリインストール。

同社は価格を明らかにしていないが、『One Mix 3』の予約価格よりは高額になるだろう。スペックが違いすぎる。本日はChuwiが低価格な8インチUMPCとして『Chuwi Minibook』を発表するカウントダウンを開始した記事もあったが、小型ノートPCの競争が熱を帯びてきた。

『One Mix 3S』は5月21日に発表される予定だ。

前回⇒8.4型UMPC『One Mix 3』予約開始・スペックと価格

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑