iPadOSでUSB接続によるマウス操作に対応、進むノートパソコン化 #WWDC

公開日: : Apple ,

Swiftpoint

アップルが開発者会議WWDCの基調講演で発表したiPad向けOS「iPadOS」について、新たにUSB接続のマウスに対応していることが開発者より発見された。

iPadOSでマウス操作が可能に

開発者Steve Troughton-Smith氏は自身のTwitterアカウントにおいて、iOS13(iPadOS13)のアクセシビリティオプションからUSB-CまたはLightningポートで接続したマウスの設定が可能になっていると伝えた。

同氏は実際に設定して操作している動画をツイート(下記)している。

まだアクセシビリティオプションという立ち位置ながら、iPadOSという独立したOSに進化し、さらに先ほどのMacサブディスプレイ機能「Sidecar」も使えるようになることを考えるとマウス操作が一般化される可能性は高い。

これまでは冒頭のサードパーティ製「Swiftpoint GT」(Amazon.co.jp販売ページへ)で無理やり実現していたマウス操作にOS側が対応、サブディスプレイ化も含めてアプリ開発者からすれば類似製品だけでなく「OS標準採用の恐怖」と戦わなければならないという現実も突き付けられた形だ。

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 11シリーズや第7世代iPadのRAMが判明、Apple Watch 5のCPU等も

Appleが米国時間9月10日に発表した『iPhone11』や新し

iPhone XRが大幅値下げ、後継機種「iPhone11」とのスペック比較・価格差

Appleは米国時間9月10日、クパチーノで開催したイベントでiP

新型iPad(10.2インチ)は買いか、iPad Airや第6世代iPadとスペック・価格を比較

エントリー向けiPadが充実してきている。 第6世代でApple

→もっと見る

PAGE TOP ↑