1.9万円で128GBな11.6型『Teclast M16』のベンチマークや初期アプリなどレビュー

公開日: : 最終更新日:2020/01/01 Teclast ,

Teclast-M16-Reivew_8422

Windowsノートパソコンとしても通用しそうなRAM4GBに128GBストレージ、10コアを搭載したSIMフリー11.6型『Teclast M16』のベンチマークテストを実施、初期アプリや日本語の設定などを記録する。

11.6型『Teclast M16』のベンチマークや初期アプリなどレビュー

はじめに『Teclast M16』の設定メニューを開き、ストレージの利用状況をチェックした。

Teclast-M16-Reivew_8414

内蔵ストレージ128GBのうち10.58GBが使用済みとなっていた。そのうち10GBがシステムに関するデータだった。

Teclast-M16-Reivew_8417

次にRAM情報をチェック、RAM4GBあるうち1.9GBが使用されていた。まだまだ余裕がある。

Teclast-M16-Reivew_8413

初期状態では上図のように英語(English)表記となっていた。

Teclast-M16-Reivew_8415

しかし、Androidのシステム設定より日本語を追加することでほとんどの項目が日本語になった。このとき英語のままとなっているのがメーカーによるカスタマイズ項目だったりするのだが、Teclastでは「DuraSpeed」という項目が該当した。

この機能はバックグラウンドアプリを制限するこでフォアグランドアプリを高速化させると説明があった。説明文は日本語なので英語部分は少ないだろう。

アプリに関して

Teclast-M16-Reivew_8418

Wi-Fi設定をせずアップデートをしない状態の初期アプリは上図のようになっている。独自アプリはファイルマネージャーとラジオ、SIM Toolkitといったところだろうか。

Teclast-M16-Reivew_8419

ファイルマネージャーはWindowsのような表示ができて親しみやすく感じた。

マウス機能

Teclast-M16-Reivew_8420

『Teclast M16』の個性としてWindowsノート並のスペックに物理キーボードが付属することにあると思うが、タッチパッドの使い心地もよかった。

画像編集などで範囲指定するときに指よりも上図のようなマウスカーソルで行ったほうが効率が良いため、ますます軽作業に向いたデバイスに思えた。

Antutuベンチマークを試す

Teclast-M16-Reivew_8421

『Teclast M16』のスコアは134,870ポイントだった。バージョンはv11.6.7となっている。ちなみに先日Antutuでスコアを計測した優等生スマートフォン「AQUOS sense3」は118,837ポイントだった。

Antutuバージョンがv8.0.6と異なるのはスマートフォンとタブレットだからなのか、スコアに影響がなければよいのだが気になったので触れておく。

次回はSIMフリーのAndroidタブレットとしてOCNモバイルONEやSoftbank回線が使えるのか試す予定だ。

『Teclast M16』(128GBモデル)は担当者クーポン「BGJPTM16」適用で割引価格で購入できる。
⇒最新の価格や在庫状況・出荷日などはBanggoodの『Teclast M16』販売ページ

続きキーボード付きSIMフリー11.6型のデュアルSIMを試す   
前回⇒ノートPC代替へ、RAM4GB/128GBなSIMフリー11.6型Android製品レビュー(開封編)

よく一緒に閲覧される記事

Fire HD 10代替機でプライムビデオやKindleは楽しめるか

先週は公園へ出掛けてディスプレイや物理キーボードの入力を試すなどノ

新たなFire HD 10 代替候補、4GなRAM4GB『Teclast T30』がクーポン特価20,100円に

USB-CやNanoSIMスロットx2基にRAM4GBで64GBな

2in1なAndroid『Teclast M16』で公園へ、屋外の文字入力や動画視聴レビュー

まさに「記録的な暖冬」と言える2020年1月、それでも服を通り抜け

→もっと見る

PAGE TOP ↑