Wine 5.0発表、macOS/LinuxなどでのWindowsゲーム環境を改善

公開日: : ニュース

WINE-news-20200122

Wine Teamは米国時間1月21日、x86アーキテクチャ上のmacOSやLinuxといったUNIX系OSで仮想マシンを使わずにWindowsアプリケーションを実行できる最新のWine 5.0を発表した。

ゲーム対応を改善したWine 5.0発表

ここ数年にわたり毎年1回のメジャーアップデートを行っており、今回のWine 5.0では次の内容がリリースノートに書かれていた。

  • マルチモニターへの対応
  • PEフォーマットへの対応
  • XAudio2の再実装
  • Vulkan 1.1のサポート

今回の目玉アップデートはマルチモニターへの対応、グラフィックスAPI「Vulkan 1.1」への対応でWindowsゲームをLinuxやmacOSで実行するための大きな改善が取り込まれた形だ。

関連記事:Fire HD 8でexeファイルを実行、『Wine』をインストールした話

Source:WINE News

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンク、基地局からの無線給電を近く実証実験へ(日経)

ソフトバンクが携帯電話の基地局からワイヤレスで電源を供給する技術につい

ファミマの無人決済店1000店へ、地方でも出店加速

読売新聞などは9月10日、ファミリーマートがレジに従業員のいない無人決

モデルナ製ワクチンに異物混入の報告、約160万回分を接種中止 

厚生労働省は8月26日、モデルナ製COVID-19ワクチンについて

→もっと見る

PAGE TOP ↑