Wine 5.0発表、macOS/LinuxなどでのWindowsゲーム環境を改善

公開日: : ニュース

WINE-news-20200122

Wine Teamは米国時間1月21日、x86アーキテクチャ上のmacOSやLinuxといったUNIX系OSで仮想マシンを使わずにWindowsアプリケーションを実行できる最新のWine 5.0を発表した。

ゲーム対応を改善したWine 5.0発表

ここ数年にわたり毎年1回のメジャーアップデートを行っており、今回のWine 5.0では次の内容がリリースノートに書かれていた。

  • マルチモニターへの対応
  • PEフォーマットへの対応
  • XAudio2の再実装
  • Vulkan 1.1のサポート

今回の目玉アップデートはマルチモニターへの対応、グラフィックスAPI「Vulkan 1.1」への対応でWindowsゲームをLinuxやmacOSで実行するための大きな改善が取り込まれた形だ。

関連記事:Fire HD 8でexeファイルを実行、『Wine』をインストールした話

Source:WINE News

よく一緒に閲覧される記事

Xiaomiが再び日本を揶揄、今回は原爆CM

Xiaomiと言えば 2017年に日本語専攻の学生を退出させたとし

米国でゴールドジムとJクルーが倒産、コロナ影響により

日本でもなじみのあるゴールドジムについて、海外メディアは新型コロナ

あつ森に「メトロポリタン美術館」参戦、ゴッホなど40万点が使い放題に

世界最大級として知られているニューヨークのメトロポリタン美術がNi

→もっと見る

PAGE TOP ↑