Fire HD 10 PlusをMagSafe化した話。

公開日: : 最終更新日:2022/05/15 Amazon Kindle , ,

前回の作業によりHDMI接続の有線モニターとして問題なく使えることがわかったが、USB-Cポートを占有してしまい充電することができない。そこでFire HD 10 Plusの目玉機能であるワイヤレス充電を活用していく。

先に公開したYouTube動画でも触れているが、USB-Cハブを使った充電をしながらHDMIケーブルを使った外部モニター化はAmazonが実施できないよう対処している。

今回は、その対策から逃れる方法でもある。

Fire HD 10 PlusのMagSafe化。

もともとQi規格のワイヤレス充電に対応していることもあって、充電コイルがMagSafe充電器に反応してくれるため充電箇所はわかりやすい。

そこへ下記の記事で使用したMagSafeリングを装着していく。

実際に装着するシーンはコチラのチャプター(YouTube動画へ)より確認できる。

さすがにMagSafeリングを装着すると強固に吸着、MagSafeスタンドなども使えそうな印象を受けた。

Amazonが水分を検出したという警告を表示(そのシーンを撮影したYouTube動画シーンへ)してUSB-CハブによるAndroidタブレットとしての拡張性を防止しているが、自らが取り付けたワイヤレス充電中にUSB-Cポートの使用を禁止するようなことはないはずなので、この方法は長く使えると思う。

今回はMagSafeスタンドを購入せずに通常のタブレットホルダーをMagSafe充電器をつけた状態で挟んだが、特にタブレットが外れて落ちるようなことはなかった。

AmazonでMagSafeスタンドを見て回ったが、三脚穴を備えたタブレットホルダーのほうが使える範囲が広いように感じた。

次回は予告チャプター(YouTube動画へ)にあるとおり、Linuxの世界へ進んでいきたい。

関連記事
Fire HD 10 Plusも還元対象に、Amazonタイムセール祭り開催中

続き→Fire HD 10 PlusにUbuntuをインストールした感想。
前回→Fire HD 10 Plus、本気のHDMIモニター活用術

よく一緒に閲覧される記事

Fireタブレットの1軍入りを目指す設定集(2022年5月版)

この記事ではFireタブレット(主にFire HD 10 Plus)

Fire TV Stickを携帯Linux化(Termux)、ポケットPCにした感想。

先日からブログとYouTubeでFireタブレットにUbuntuをイ

Fire 7 (2022)発表、USB-C採用などスペック・価格・発売日

アマゾンジャパンは5月18日、Fireタブレットシリーズより第12世

→もっと見る

PAGE TOP ↑