『OneNote for iPad』が手のひら検知の手書き入力とOCRに対応

公開日: : iOS アプリ ,

 Microsoftは米国時間2月19日、iOS向けに提供しているメモアプリ『OneNote for iPad』において手のひら検知に対応した手書き入力と、カメラで撮影した画像からテキストを検索できるOCR機能に対応したことを発表しました。

InkingWithiPad1

OneNote for iPad、手書き入力とOCRに対応

 『OneNote』は利用にMicrosoft アカウントが必要で、同社のオンラインストレージサービス「OneDrive」を介してノートデータを同期できるほか、WindowsだけでなくAndroid、iOSに対応しているのが強みのメモアプリです。

手書き入力&パームリジェクションに対応

 最新バージョンの『OneNote for iPad』では新たに手書き入力をサポートし、スタイラスペンを使用している時に手のひらが画面に触れても誤入力を防いでくれるパームリジェクション機能を備えています。

InkingWithiPad3-1024x768

 パームリジェクションを有効にする際、左右の手とペンの持ち方を選ぶことで精度を高める機能(上図)が用意されています。

 今回、iPad版が手書き入力に対応したことでWindows版とAndroid版を含め3OSで利用できるようになりました。

OCR機能はテキスト検索が可能

InkingWithiPad4

 OCR機能ではホワイトボードやレシートを撮影した画像からテキストを読み取り保存、通常のファイルと同じように検索することが可能になる機能。

OneDriveは200GB追加できるキャンペーン実施中

 「OneNote」の保存先でもあるオンラインストレージサービス「OneDrive」では”Dropboxユーザ向けに100GB(1年間の利用権)”、”報酬プログラム「Bing Rewards」登録キャンペーンで100GB(2年間の利用権)”の合計200GBがもらえるキャンペーンを実施しています。

Source:Microsoft

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑