iPhone/iPadの容量不足を解消できるか、iOSアプリ『動画圧縮』を試す/ファイルサイズ比較

公開日: : iOS アプリ

 無料セール中のiOSアプリ『動画圧縮』を使って動画ファイルを圧縮してみました。圧縮前後のファイルサイズ比較を記録します。

douga-assyuku-01

iOSアプリ『動画圧縮』を試す/ファイルサイズ比較

 iPhoneにインストールした『動画圧縮』を起動したら画面右上にある「+」アイコンを押して、動画ファイルを追加します。

douga-assyuku-02

 (上図左)ファイルを追加すると画面下の「ビデオソース」タブ内に動画が表示されるので「今圧縮!」ボタンを選択します。

 (上図右)すぐに「Slimming」領域が表示され動画ファイルに対して圧縮が開始されます。

douga-assyuku-02.1

 圧縮が完了するとダイアログが表示されます。

『動画圧縮』でファイルサイズは小さくなったか

 さて、最も気になる圧縮された動画のファイルサイズを見てみましょう。

douga-assyuku-03

 1つめは1分16秒の短い動画ですが圧縮前は154.86MBもあります。圧縮後は37.51MBと117.36MBものストレージが節約できました。

douga-assyuku-04

 2つめは約1秒という短い動画ファイルですが333.95KBまで圧縮されていました。

douga-assyuku-05

 3つめは55秒の動画で76.47MB節約の23.34MBとなりました。

 いずれも75%以上というファイル圧縮率、満足できる結果です。

 動画ファイル形式が通常の「MOV」から「MP4」に変換されているので、WindowsやAndroidでも容易に再生できるのもポイントだと思います。

 圧縮後に元の動画は「ビデオソース」タブから消えますがファイル自体は削除されていないのでストレージの容量不足を解消するためには別途対応する必要があります。

 アプリ『動画圧縮』の簡易説明とリンクは前回の記事より確認できます。

 前回の「動画圧縮」
 通常360円が無料、iPhone/iPadで使える『動画圧縮』がセール中/iOSアプリ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑