価格86.1万円~、最大84型のWindows 10端末『Surface Hub』は7月1日受注開始―日本も対象

公開日: : Microsoft Surface

 Microsoftは米国時間6月10日、グループ会議など企業向けの大画面Windows 10端末『Surface Hub』について日本を含め7月1日より受注を開始、9月から出荷予定と発表しました。

Surface-Hub-01

『Surface Hub』、7月1日受注開始

 『Surface Hub』は55インチまたは84インチの4Kディスプレイを持ちテレビのようなデザインをしていますが、タッチ操作や専用のSurface Hub Penによる手書き入力をサポート、モーションセンサーを搭載しています。

 主に企業の会議室などに設置してOneNoteをホワイトボードのように使ったり、前面カメラとSKYPEアプリを使った遠隔地の会議ツールとして、ワイヤレス映像転送による外部モニターとしての利用を想定。

 『Surface Hub』の価格は55型が6,999ドル(約86.1万円)、19,999ドル(約246.1万円)で、日本を含めた24の国と地域で7月1日より受注を開始、9月より出荷を開始するとしています。

 前回の話
 MS、ペン付き84型Windows 10搭載『Surface Hub』披露/公式動画

Source:Neowin

よく一緒に閲覧される記事

まもなく「Surface Pro 6」「Surface Book 2」のメモリ16GB版Core i5モデル投入か

Surface Pro 6をiFixitが分解、ディスク交換ほぼ不

13.5インチSurface Book 2が第8世代Core i5アップデート版を発売、価格

日本マイクロソフトは4月1日、13.5インチ「Surface Book

Surfaceシリーズ購入で最大37000円キャッシュバック、新生活応援キャンペーン開始

日本マイクロソフトは3月13日、対象Surface製品を購入するとキャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑