Android/iOS向け翻訳アプリ『Microsoft Translator』リリース、スマートウォッチ対応

 MicrosoftがAndroid OSとiOSに対応した翻訳アプリ『Microsoft Translator』をリリースしました。スマートフォンやタブレットだけではなくApple WatchやMoto 360といったスマートウォッチにも対応しています。

microsoft.translator

翻訳アプリ『Microsoft Translator』登場

 翻訳といえば「Google翻訳」などが有名ですが、Microsoftから2つのOSに対して翻訳アプリが登場しました。最初から日本語を含む50言語に対応したオンライン翻訳となっています。

 初版ながらスマートウォッチ対応でApple WatchやAndroid Wear搭載スマートウォッチから翻訳を行うことが可能となっています。

翻訳履歴やピン留め機能

microsoft-translator

 上右は翻訳履歴、見やすいリスト表示になっています。他にも結果をピン留めできる機能も搭載。

 WindowsやMacのブラウザ(インターネット検索)から発展してOSや携帯デバイスのシェアを獲得したGoogleのように、今度はMicrosoftがiOS/AndroidのアプリからOfficeなどのサービスをモバイル市場で拡大してきているように思えます。

 Microsoftの”Windows 10”と”IoT”を絡めた展開が楽しみになってきました。

Source:Microsoft Translator – (Android / iOS)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑