LINEモバイル発表、LINE/Twitter/Facebook使い放題プランなど月額500円~や限定サービスも

公開日: : その他、最新情報

LINEモバイル株式会社は9月5日、NTTドコモ網を利用したMVNOサービス(格安SIM)『LINEモバイル』を同日14時より提供開始すると発表しました。

Line-Mobile-01

スポンサーリンク

LINEモバイルの利用料金・プラン

 「LINEモバイル」は、「LINEフリー」と「コミュニケーションフリー」の2プラン構成になっています。この2プランいずれも共通で次のLINEサービスがカウントフリーになるとしています。

<トーク機能>

  • テキスト及び音声メッセージの送受信
  • スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
  • 無料通話、ビデオ通話

<タイムライン機能>

  • 画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。)

<その他>

  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定に関わるご利用
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示

 ※LINE アプリ経由で友だちから共有された外部リンクへの接続、LINE アプリ内でも LINE トーク画面等 に配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE 機能)のこ利用およびLINE 株式会社が提供する 「LINE」アプリ以外のアプリサービスのご利用は、カウントフリー対象ではないとしています。

LINEフリーのプラン

Line-Mobile-04

 「LINEフリー」プランは月額500円を基本料金としてSMS付きが月額620円、さらに音声通話付きで月額1,200円となっています。下記の全プランでLINEのサービス(音声通話・トーク、画像、動画の送受信、タイムライン)が使い放題となっています。

  • データ:月額500円
  • データ+SMS:月額620円
  • データ+SMS+音声通話:月額1,200円

Line-Mobile-02

「コミュニケーションフリー」プラン

Line-Mobile-05

 「コミュニケーションフリー」プランは「LINE フリー」の機能に加えてTwitter、Facebookの2大SNSが使い放題になるのが特徴で、具体的には次のサービス利用時に通信量が全てカウントされなくなります。

「コミュニケーションフリー」プランのカウントフリー対象

 「LINE フリー」の対象に加え以下の機能がカウントされないとしています。

<Twitter>

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能のご利用
  • プロフィール編集

<Facebook>

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集

 

料金プラン

 基本プランは全てSMS付きとなり、価格は容量別となっています。

  • 3GB:月額1,110円
  • 5GB:月額1,640円
  • 7GB:月額2,300円
  • 10GB:月額2,640円

 上記プランに月額580円で音声通話を追加できるとしています。他にも留守番電話は月額300円などオプションも用意されています。

SIMフリースマートフォンのセット販売も開始

Line-Mobile-06

 『LINEモバイル』もまたSIMカード単体だけでなく、MVNO各社で販売しているSIMフリースマートフォンとのセット販売を行っています。

  • AQUOS mini SH-M03
  • Fujitsu arrows M02
  • Fujitsu arrows M03
  • Huawei P9 lite
  • ZTE BLADE V7 Lite
  • ZTE BLADE E01
  • ASUS ZenFone Go
  • ASUS ZenPad 7.0

 事前の情報でも大きく取り扱われなかったので予想されていましたが『LINEモバイル』限定のスマートフォンは販売されないようです。

LINEモバイル限定サービス

 『LINEモバイル』ではLINEならではといえる限定サービスを提供しています。

Line-Mobile-03

 LINEにおける年齢認証・ID検索が可能(18歳以上)になり、SMS不要でLINEアカウントの新規作成が可能、LINEポイントとの連携、月額基本料金の1%をLINEポイントに還元、ユーザー間でのデータプレゼント、フィルタリングサービスの無償提供などが利用できます。

申込に関する料金、通信制限、注意点など

 『LINEモバイル』は初回契約時に3,000円の登録事務手数料が発生するほか、同一世帯で10回線以上の申込は不可としています。

 利用開始日を含む初月の月額基本利用料は無料、ただし、初月に解約した場合には1ヶ月分の月額基本利用料を請求するとのこと。

 SIMサイズ変更手数料は3,000円、MNP転出の場合は3,000円のMNP転出手数料が発生がします。

データ制限・データ量の追加購入

 高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になるとしています。また、データ量は0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の追加購入が可能、データ量追加購入は月3回まで行えるとしています。

 ※追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日まで。

データ繰り越しが可能

 当月使いきらなかったデータ容量は翌月まで繰り越して利用できるとしています。

音声通話機能、オプション

 音声通話SIMでは通話料金が20円/30秒で、次のオプションが利用できます。

  1. 留守番電話(月額300円)
  2. 割込通話(月額200円)
  3. 転送電話(無料)
  4. 国際電話(無料、別途通話料及び通信料が発生)
  5. 国際ローミング(無料、別途通話料及び通信料が発生)
  6. フィルタリングアプリ i-フィルター(無料、18歳未満の場合に選択可能)

 ※転送電話は別途通話料が発生。 

最低利用期間と解約手数料

 音声通話SIMでは利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます。)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合、9,800円の解約手数料が発生します。

初回は2万契約まで

 『LINEモバイル』は9月5日14時より2万件の申込限定で先行販売を行い、本販売は10月1日を予定しています。

 Source:LINEモバイル

その他、最新情報の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BIGLOBE SIM、20GBと30GBの大容量プラン追加を発表

ビッグローブは2月16日、モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプション、国内外4000万曲以上のSpotifyを2月16日より追加

ビッグローブは2月13日、モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM

総務省、格安スマホのMVNO各社に通信速度の開示要請へ

日本経済新聞は2月8日、総務省が格安スマートフォンの普及を後押しすべく

mineo、バレンタインデーで参加者全員にパケットをプレゼントなどキャンペーン発表

ケイ・オプティコムは2月8日、「日頃の感謝の気持ちを伝えよう!バレンタ

nuro モバイル、1日5時間まで高速通信が可能「5時間プラン」など3つの新機能や「初速バースト」を発表

ソニーネットワークコミュニケーションズは1月31日、LTE通信サービス

j-mobile、SoftBank回線の「ギガザウルス 20G TypeS」発表―価格・キャンペーン

ジャパンモバイルは1月10日、SoftBankの3G/LTE回線を利用

mineo、「新春マイネおみくじ」で運勢によりパケットをプレゼント実施中

ケイ・オプティコムは1月1日、通信サービス「mineo」において「新春

mineo「5分かけ放題サービス」発表、3月1日より提供開始

 ケイ・オプティコムは12月7日、携帯電話サービス「mineo(マイネ

BIGLOBE SIMの視聴し放題「エンタメフリー・オプション」、ネットTV『AbemaTV』追加を発表

 ビッグローブは12月1日、モバイル通信サービス「BIGLOBE SI

mineo専用帯域「プレミアムコース」の2017年2月提供開始を発表、昼休みでも10Mbps以上へ

 ケイ・オプティコムは12月1日、モバイル通信サービス「mineo」で

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑