「Ingress」とは何か、海外のプレイ・レビューを読んで思った事

公開日: : Android アプリ

前回、勢い余って志願した「Ingress」ですがアクセスコードが届かない状態です。

今回は海外サイトのPlay レビューを読んでみて情報の整理と感想を記録しておきます。

Ingress-review-01

「Ingress」とは何か

Ingress」とは、GoogleのARG(拡張現実ゲーム)です。

「Google Maps」や「Google Earth」といった製品を手がけるチームが制作とのこと。

Ingress」には、謎の2勢力が支配をめぐり争う世界になっています。

  • Enlightened」:人々の操る「ポータル」を世界中に設置する側
  • Resistance」:「ポータル」を阻止する側

「Ingress」の始まり

最初はゲームらしくチュートリアルから始まるということですが

Ingress」特有の用語が多く、最初が大変なようです。

街には「ポータル」が散らばっており、【ハック】して制御を行う。

ポータル」を【ハック】するとアイテムを入手することができる。

「Ingress」のアイテム

「ポータルキー」と「レゾネーター」というアイテムが重要。

「ポータルキー」により複数の「ポータル」を接続することができる。

そして、「ポータル」を3つ接続すると「フィールド」に変化する。

「フィールド」は「ポータル」よりも強力な存在ということ。

「レゾネーター」は「ポータル」をパワーアップさせ、ライバルから守る事ができる。

ユーザーは、「XM(Exotic Matter)」という体力システムが導入されていて

路上に光る青い点が「XM」、近づくことで吸収し体力が回復する

「XM」がなくなると、どうなるのかは記載されていませんが

「XM」は【新しい場所】に行かないと入手できないということで

同じ場所にとどまってプレイしたいユーザーにとっては苦しい設定ですね。

「Ingress」の泣き所

Ingress」に参加していて困るシーンもあるようです。

  1. スマホ片手に彷徨う姿に冷たい視線を浴びる
  2. Ingress」は拡張現実ゲームなのに地図で路上の名前等が表示されない
  3. 「ポータル」の距離まで音声でカウントダウンしてくれる

【1】は理解してもらうか、任務のために冷酷になるしかありませんが

【2】は地図アプリに近い拡張現実ゲームで地図機能が弱いと困りますね。

そもそも「XM」で体力回復させるという名目で新しい場所へ誘導しながら

道路の名称とかわからないと迷子生成ゲームになってしまいそうです。

ここは、ベータ版ということで改善されると思われます。

【3】はカウントダウンされるとユーザーとしては盛り上がりますが

全く関係ない人から見たら「何事?」と思うかも知れませんので

ヘッドセットなりが必要となりそうです。

海外のプレイ・レビューを読んで思った事

元記事には詳しく記載されています。

どちらの側が正しいのかは判りません、陣地取りゲームなのかもしれません。

しかし、新しい遊び、試みを真剣に取り組む企業がいてくれる事は

ただただ嬉しいと心から思います。

、、、

Ingress」のアクセスコード、待ってます!!!

前回の「Ingress

GoogleのAR拡張現実ゲーム「Ingress」のハンズオンが掲載、バッテリーが、、、

Source : CNET

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑