Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

公開日: : Windows ,

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Inside Beta チャネル参加者向けにAndroidアプリを実行できるようになったと発表した。

Windows11でAndroidアプリを。

Microsoft BlogではAndroidアプリの導入前に、PCがWindows 11で任意のビルド以降であることやBIOS / UEFI仮想化の有効といった次の必要条件を満たす必要があるとしている。

  • Windows 11 (Build 22000.xxx series builds)のPC
  • BIOS/UEFIを有効に
  • Microsoft Storeのバージョンを22110.1402.6.0以降に
  • PCの設定を「米国」に
  • Windows Insider ProgramのBetaチャネルへの参加
  • 米国で使えるAmazonアカウントの取得

Windows 11上でAndroidアプリを実行する新しいコンポーネントは「Windows Subsystem for Android」と呼ばれ、本日リリースされたWindows Subsystemのバージョンは「1.7.32815.0」で、これはMicrosoft Storeより自動的に提供されるとのこと。

Android apps on windows 11

MicrosoftはAndroidアプリの動作結果で判明した既知の問題点もブログ記事に掲載、テスト参加者も新たなフィードバックを行ってほしいと伝えた。

なお、Devチャネルの参加者にも今後プレビューを提供する予定としている。

Amazonアプリストアといえばオープン当初に日替わり無料アプリという企画を実施、タブクルでも連日記事で取り上げていた。当時の有料アプリを大量に入手したAmazonアカウントは数年越しにMicrosoftによって有効活用できそうだ。

公式ブログのAndroidアプリに関するレビュー記事を見るとAndroidアプリは窓の1つとして機能し、Windowsとの間でクリップボードを共有可能、マウスやタッチ操作・ペン入力に対応するという。

Source:Windows Blog / 日本のAmazonアプリストア

よく一緒に閲覧される記事

Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Insid

Windows 11 (Insider)のISOファイル配布開始、ダウンロード可能に

Microsoftは米国時間8月19日、開発チャネルとベータチャネル向

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑