Acer、 Windows RT 搭載タブレットを発売延期 「問題が多い」

公開日: : Acer ,

reutersによると、台湾メーカー「Acer」がWindows RT 搭載タブレットについて

発売を延期する方針を明らかにしたと伝えています。

マイクロソフト製タブレットPC「Surface」の評価が高くないことから

解決すべき問題が多いと判断、今後の動向を見極めたいとしています。

acer-win-rt

Acer、 Windows RT 搭載タブレットを発売延期

10月30日、エイサーのジム・ウォン社長はreutersに対して

当初の計画では2013年の早い時期に

エイサーからWindows RTタブレットの発売を計画していたこと

現在は、より慎重になり第2・四半期より早い時期になることはないこと

を伝えています。

Windows RT に関する問題が多い

エイサーは、マイクロソフト謹製のタブレットPC「Surface」発表時から

批判的な反応を示していたメーカーの一つでした。

エイサーでは、今後もWindows RT搭載タブレットPCについての

研究開発は継続するとしていますが、製造・価格の問題が多いとしています。

「Windows RT」自体がユーザーに受けいられるのか

今後、マイクロソフトが「Windows RT」を積極的に展開するのか

といった事を見極めたいと述べていました。

Nexus 10 と Android4.2の発表で新機能搭載やオープンな規格を取り入れ

新しい体験を提供し、勢いに乗るGoogle陣営とは異なり

製造・価格だけにとどまらず提携メーカーとの足並みまで揃わないマイクロソフト。

「Windows RT」が抱える問題は深刻かもしれません。

初の自社製タブレット「Surface」は、どうなるのでしょうか。。。

業務系ソフトがWindows から Android へ変わる可能性

エイサーの安価なタブレットPCを期待していましたが難しくなって来ました。

遅くなるほどAndroid OSのシェアは拡大しビジネス・アプリの充実に繋がります。

Nexus 7 は日常使いでは快適な域に達しています。

この状態でOffice系アプリが充実しクラウド連携がスムーズになると

業務系ソフトがWindowsからの移植版としてAndroidに登場するかも知れません。

そうなると「Windowsの価値」が危うくなりますね。

しばらくは交互性や移行期間で安泰かも知れませんから

マイクロソフトは、今のうちに対策を練らなければならないと思います。

マイクロソフト vs アップルの時代から

グーグル vs アップルの時代に変わるのでしょうか

Source : reuters

よく一緒に閲覧される記事

Acer、ペン収納できる14型ノート『Spin 3』発表・価格・発売時期

Acerは米国時間4月11日、ペンを本体に収納できる14型ノート『Sp

Acer、eSIM / 1.1kgの14型ノート『TravelMate P614-51』発表・価格

Acerは米国時間4月11日、厚さ16.6mmで重量1.1kgという薄

ワコムペン対応Core i9/RTX2080搭載17.3型ノート『Acer ConceptD 9』発表

Acerは米国時間4月11日、クリエイター向けに最適化された新ブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑