データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭を要求するランサムウェア「WannaCry/Wcry」について、世界各地で被害が確認されており日本時間では金曜日夜から土曜日朝にかけて報告があったものの被害が顕在化していない状況だとして注意を呼び掛けています。

WannaCry-Wcry

WannaCry/Wcryの脅迫文

スポンサーリンク

データ暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意

トレンドマイクロによると深刻な暗号化型ランサムウェアが世界各国で攻撃を行っている事実を確認したと報告しています。この攻撃は2017年3月および4月に明らかになったセキュリティ上のリスクが組み合わされて実行されたとしています。

1つはWindows SMB のリモートでコードが実行される脆弱性「CVE-2017-0144」で更新プログラムは配信済み、もう1つはDropboxのURLを悪用して拡散するランサムウェア「WannaCry/Wcry」だとしています。

この暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」は、「RANSOM_WANA.A(ワナ)」および「RANSOM_WCRY.I(ダブリュークライ)」として検出されるとのこと。

暗号化の対象となるのは、Officeファイル、データベース関連などさまざまなファイルとしています。

WannaCry-Wcry.1

WannaCry/Wcryに感染する流れ

ランサムウェアの脅迫状には300ドル(約3.40万円)相当の身代金をビットコインで支払うよう求めてくるとしています。同社によると前回の攻撃から100ドルほど安くなっているそうです。

このランサムウェアはSMBサーバの脆弱性を利用しており、サポートが終了したOSでも更新プログラムが公開されているため速やかな適用を行うよう案内しています。詳細は次のリンクより確認できます。

Source:トレンドマイクロ

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『Windows 10 on ARM』は5/31発表へ #Computex2017

MicrosoftとQualcommがメディア向けに送付した招待状から

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

ランサムウェア「WannaCry」の暗号化を解読、Windows XP向け解除ツール「Wannakey」配布開始

2017年5月より世界中でWindows XPに感染してファイルを暗号

データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

Microsoftは5月12日、Build 2017のセッションにおい

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

Microsoftは米国時間5月11日、「Build 2017」におい

Apple、『iTunes』をWindows Storeで年内提供へ

Microsoftは米国時間5月11日、開発者会議「Build 201

Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表―夏から各メーカーから搭載PC発売へ

Microsoftは米国時間5月2日、教育関連イベント「Learn w

Windows 10 Cloud の最小システム要件リーク、ChromebookやRTとの比較

Microsoftが5月2日に開催するイベントで発表されることが期待さ

ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

Qualcomm CEOがARMチップ上で動作するWindows 10

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑