Chrome OS対抗『Windows Lite』は2019年5月に発表か、Microsoftの新OS

公開日: : Windows

Microsoftが数週間前に市場シェアを拡大し続けるChrome OSへの対処となる「Chorme OS Killer」として伝えられた軽量なOS『Windows Lite』について情報が伝えられています。

asdf-1280x605

Chrome OS対抗『Windows Lite』は2019年5月に発表か

Windowsなどの情報を伝えているPetriは、Microsoftが計画している『Windows Lite』のモックアップを作成したうえで、同OSについて説明しています。

Windows Liteは名前の通りエントリーレベルのデバイスで搭載するOSですが、ヘビーユーザーもターゲットにする計画があるようです。この「Lite」という名前の由来について同メディアではMicrosoftがユーザーをLiteかHeavyで分類していることが理由と伝えています。

そのため、ライトユーザーは「Lite OS」を使いヘビーユーザーは「Window 10」を使うとのこと。

しかし、将来的にはヘビーユーザーが必要とする機能をLite OSが備えるかもしれないそうです。

Lite OSは現時点でUMPとPWA(ウェブベースのアプリ)を実行できる状態ですが、MicrosoftはWin32アプリのサポートを検討しているそうで、実現にはコンテナ化を採用する模様。

他にも「Windowsらしさ」として最も重要なファイルエクスプローラーや”Settings”といったコンポーネントを備えるようです。

同社は過去にWindows RTやWindows 10 Sといった試みをしてきましたが、Windows Liteでローエンドの市場シェアを確保したい狙いがあるとのこと。

Windows  Liteは2019年5月に開催される「Build 2019」で具体的な説明を行い、今夏にはテストを開始するだろうとしており、展開の早いスケジュールからもChrome OSに対する警戒と重要なプラットフォームであることがわかるとしています。

Source:Petri

よく一緒に閲覧される記事

5分でLumiaスマホにWindows 10導入、Lumia 950 XL向けROMリリース

Windows 10がARMプロセッサでも動作するようになり、そこへ終

Windows 10 Mobileは終わり、Windows PhoneはARMで蘇る。

スマートフォンにWindowsシステムを連れてくる夢のOS「Windo

ARM版『Surface Pro』試作機を開発か、Snapdragon搭載モデルの可能性

MicrosoftがSnapdragonを搭載した『Surface P

→もっと見る

PAGE TOP ↑