Surfaceペン対応、拡張できる8型UMPC「GPD Pocket 3」のINDIEGOGOページ公開・スペック

公開日: : タブレットPC ,

中国・深センに本社を構えるGPDは10月22日、先月より徐々に情報を解禁していた8インチ最新UMPC「GPD Pocket 3」のINDIEGOGOプレビューを公開した。

KVMやRS-232を交換できるモジュールシステムに、同社が過去にリリースしてきたモバイルPCを組みわせ完璧を目指したという構成になっている。

8型「GPD Pocket 3」のスペック

新機種「GPD Pocket 3」の立ち位置について、INDIEGOGOの最初に説明があった。

名称からゲーミングUMPC「GPD Pocket 2」の後継機種に見えるが、前後左右に回転するディスプレイやサーバーメンテナンスに便利な拡張モジュールなど筐体はエンジニア向けUMPC「GPD MicroPC」に近く、メインマシンになりうる処理性能は「GPD P2 Max」を踏襲している。

これらの製品が持つ、それぞれ最高の機能を1台に集約し、完璧なデバイスを目指すというアイデアから誕生したという。

拡張モジュールを搭載。

GPD Pocket 3 01

UMPCといえば拡張性に乏しいイメージだが「GPD Pocket 3」はモジュラー式のI/Oポートを背面に搭載、3つの拡張モジュールを入れ替える運用ができる。

  • USB拡張モジュール:USB-A 3.2 x 1
  • シリアルポート拡張モジュール:RS-232 x 1
  • KVM拡張モジュール:KVM + HDMI + USB

例えば、KVM拡張モジュールでサーバー機やネットワーク機器と接続すれば、リモートデスクトップ等では実現できない起動やBIOS設定、OS内の設定を含むハードウェアレベルの制御が可能になるという。

主要スペック・仕様

GPD Pocket 3

メインパソコンとしても使えるというスペックを確認していこう。

  • OS:Windows 11(TPM2.0サポート)
  • 画面:8インチ(1920×1200)10点タッチIPS、180度回転
  • ペン:筆圧感知センサー4096段階(Surfaceペンに対応)
  • CPU:Intel Core i7-1195G7 / Intel Pentium Silver N6000
  • メモリ:16GB LPDDR4x 3733(デュアルチャネル) or 8GB LPDDR4x 2933
  • SSD:1TB / 512GB M.2 NVMe
  • カメラ:フロント200万画素(視野角77度)
  • 音響:左右の側面に1つずつドイツの最高級のAACリニアスピーカー(ステレオ)
  • 通信:Wi-Fi 6(2402Mbps)、RJ45(2500Mbps)
  • 電池:10,000mAh内蔵、45W PD急速充電、連続9時間のビデオ再生
  • キーボード:QWERTY、バックライト搭載、両手式のマウス機能
  • 筐体:オールアルミニウム(6061)、重量0.7kg

他には高い処理能力を維持するための冷却ファンを搭載、筐体にはストラップホールがある。

CPUについてはハイエンド版が第11世代i7-1195G7プロセッサを搭載、ベース版にIntel Pentium Silver N6000プロセッサを搭載している。

価格・出荷時期(発売日)

「GPD Pocket 3」のINDIEGOGOページはプレビュー版で、残念ながら価格や発売日は明らかにされていない。

「GPD Pocket 3」はエンジニア向け「GPD MicroPC」やメインパソコンになれる「GPD P2 Max」など、それぞれの最高を1つにした端末なので価格はアーリー向けでも15万円以上になると思われる。

参考例としてGPD Pocket 2の正規取扱店である天空がアマゾンで販売している価格は82,800円(Amaozn販売ページへ)となっていた。

Source:INDIEGOGO

よく一緒に閲覧される記事

iPadメモ帳ケース活用術、紙1枚で成長「白紙法」の話

先日購入したiPad mini 6のメモ帳ケース、Apple専用品では

iPhone 14はノッチ廃止やRAM8GBなど4項目をアップグレードか

Appleの次期iPhoneについて、カメラレンズの仕様が変わりノッチ

グーグル「Pixel Watch」を2022年春リリースか

ついにGoogleがスマートウォッチをリリースするかもしれないと海外メ

→もっと見る

PAGE TOP ↑