Sony未発表、4.6型Xperia『F3216』と『F3311』がベンチマークサイトに登場

公開日: : ソニー

 Sony mobileが4.6インチのXperiaスマートフォン2機種『F3216』と『F3311』を準備している可能性がベンチマークサイト「GFXBench」から明らかになりました。

Sony-F3216-GFXBench

スポンサーリンク

4.6型Xperia『F3216』と『F3311』のベンチマーク登場

 GFXBenchに掲載されたSony mobile未発表のXperiaスマートフォン2機種は、いずれも4.6インチでハイエンドではなく『Xperia F3216』がミッドレンジ向け、『Xperia F3311』がエントリー向けの仕様となっています。

『Xperia F3216』のスペック

 『Xperia F3216』は画面サイズ4.6インチ(1,920x1,080)でMediaTek Helio P10 MT6755プロセッサ(1.9GHzオクタコア/Cortex-A53)、RAM 2GB、内部ストレージは16GBとなっています。

 カメラは前面1600万画素/背面2100万画素で、OSはAndroid 6.0 Marshmallow。

『Xperia F3311』のスペック

 『Xperia F3311』は画面サイズ4.6インチ(1,280x720)でMediaTek MT6735 1.3GHzクアッドコアプロセッサ(Cortex-A53)、RAM 1.5GB、内部ストレージ16GBです。

 カメラは前面500万画素、背面1,300万画素。OSは同じくAndroid 6.0 Marshmallow。

Source:GFXBenchXperiaBlog

ソニーの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Xperia初の前面デュアルカメラ搭載か、6型Sony H3213 AvengerのスペックがGFXBenchでリーク

ベンチマークサイトGFXBenchにソニー未発表のスマートフォン『So

NTTドコモ、『Xperia XZ1 Compact SO-02K』の発売日を発表

NTTドコモは11月13日、ソニーモバイルの最新スマートフォン『Xpe

ソニー、犬型ロボット『aibo』(アイボ)発表―本体価格・維持費ほか

ソニーは11月1日、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エ

ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業でソフトバンク回線を提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズは10月24日、MVNE事業者に

ソニー、犬型ロボット「AIBO」復活か、独自OS搭載で来春にも

日本経済新聞は10月8日、ソニーが2018年春にも「AIBO」のような

ソニー、日本語対応スマートスピーカーを12月に発売へ―LF-S50G投入か

NHKは10月5日、ソニーが2017年12月にGoogleのAIアシス

ソニー、PlayStation VRの最新モデル(CUH-ZVR2)の発売日を発表―体験イベント

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは10月2日、

ソニー、5.5型『Xperia XA1 Plus』発表―シリーズ初の指紋センサーなどスペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンIFA2017に先駆けプレスイベン

ソニー、4.6型『Xperia XZ1 Compact』発表―SD835などスペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンIFA2017に先駆けプレスイベン

ソニー、5.2型『Xperia XZ1』発表―3Dクリエイターなど機能・スペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンで開催されるIFA2017に先立ち

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑