10.1型2in1タブレット『Onda OBook10 Ultrabook』開封レビュー、重さや他社キーボードは使えるか試す

 GearBestさんより10.1インチのデュアルOS仕様2in1タブレット『Onda OBook10 Ultrabook』を提供いただきました。さっそく開封レビューを行いたいと思います。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6682

Onda OBook10 Ultrabook開封レビュー、重さや充電方法など

 『Onda OBook10 Ultrabook』は中国メーカーONDAが現地時間2015年12月1日に発表した2in1タブレットPCで、当時はRAM4GBにROM64GBなどが話題となりました。

onda-obook10-20151201-02

 別売りの着脱できる専用キーボードを装着した状態、物理接続のためバッテリー非搭載。

インターフェイス

onda-obook10-20151201-03

 インターフェイスには microUSB / microHDMI / 3.5mmイヤホンジャック、そして充電ポートが片面に集中して配置されています。ノートパソコンとして使う時にケーブル類が邪魔になりにくいのがポイント。

 また、MicroSDカードスロットはキーボード接続端子と一緒に底面へ設けられています。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Onda oBook10
OS Windows 10 + Remix OS 2.0 or Android
CPU Intel Atom x5-Z8300プロセッサ
1.44GHz~1.84GHzクアッドコア
RAM 4GB DDR3L
ストレージ 64GB eMMC
SDカード microSDカード最大128GB
液晶 10.1インチ IPS液晶
解像度 1,280 x 800 (16:10)
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 非搭載
Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
USB microUSB / ドックUSB3.0
映像出力 MicroHDMI
サイズ 250 x 164 x 7.0 mm
重さ 565g / 1.1kg
バッテリー 6,000mAh

 

開封レビュー

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6682

 化粧箱は最近多い無地のダンボールではなく専用ボックスでした。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6683

 化粧箱の側面に貼られたシール。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6685

 蓋を開けたところを撮影。

中身を見る

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6687

 説明書関係と電源ケーブル、ACアダプター、OTGケーブルがありました。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6689

 ACアダプターは2.5A、充電ケーブルは専用プラグとなっています。

本体を見る

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6690

 ディスプレイ面、保護シールが貼られていました。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6698

 ペリッと剥がすと、保護フィルムが貼られていました。自分で貼ると気泡が入ったして失敗するので嬉しいですね。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6692

 背面、汚れているかな?と思ったら保護シートが貼られていました。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6697

 これも剥がします。背面パネルはサラサラした手触り、シャンパンゴールドも落ち着いた明るさです。

側面を見る

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6700

 天面には電源ボタンと音量ボタン。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6701

 ディスプレイ正面から右側面には左からスピーカーホール/電源/MicroHDMI/MicroUSB/3.5mmイヤホンジャックが配置されています。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6704

 底面にはMicroSDカードスロット。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6705

 その中央には着脱式キーボード用の接続端子と差込口。

CHUWIタブレットのキーボードは使えるのか

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6708

 ふと同じサイズなら別メーカーの着脱式キーボードが使えないだろうかと考え、レビュー中の『CHUWI Hi10 Pro』(記事一覧へ)を持ち出して底面を撮影しました。

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6706

 上図は下からCHUWI Hi10 Pro/ONDA oBook 10、接続端子は似ていますがキーボード差込口の位置が全く異なりました。

 さすがに異なるメーカー同士では使えないようですね。

重さを知る

onda-obook10-ultrabook-tablet-pc-Unboxing-IMG_6709

 『Onda OBook10 Ultrabook』はバッテリー容量6,000mAh搭載しながらも556gという結果でした。製品仕様よりも軽い。

価格

 『Onda OBook10 Ultrabook』はGEARBESTさんで48%OFFにて販売中となっており、価格は17,805円で「在庫あり」となっています。

 カラーはゴールドですがシャンパンゴールドといった感じ、派手な色ではありません。

 『Onda OBook10 Ultrabook』のスペック詳細や製品画像などは次のリンクより確認できます。

 製品詳細リンク:Onda OBook10 Ultrabook – GearBest

  次回はOSを起動してセットアップやストレージ容量などをチェックする予定です。

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑