次世代Apple Watchは心拍センサーでユーザー識別へ、タッチID代替か

公開日: : スマートウォッチ

 Apple製スマートウォッチ『Apple Watch』に搭載されている心拍センサーを使いユーザーを識別するという特許が米国特許商標庁(USPTO)により公開されました。

apple-news-16-10-14

スポンサーリンク

Apple Watchの心拍センサーでユーザー識別へ

 USPTOが公開した資料「容積脈によるユーザー識別システム」には、パルスオキシメータを使いユーザーの血管から生体認証特性を決定、識別するために用いる方法が記されているようです。

 これにより『Apple Watch』装着者は自身が持つiPhoneやiPadのロック解除に手間をかけることなく行えるようになると思われます。

 2016年9月より発売された「Apple Watch Series 2」ではApple Payの電子決済に対応していることからタッチIDの代替に加え、セキュリティ面を強化したいのかもしれません。

 Souce:appleinsider

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

指先で通話できる時計バンド『Sgnl』(シグナル)登場、Apple Watchなどに装着可

JBSは7月19日、クラウドファンディンサイト“Makuake”におい

2枚重ねウォッチ『TicWatch Pro』発売、Google Pay対応で最大30日駆動などスペック

2枚のディスプレイを重ねることで最大30日間も駆動できるWear OS

Apple WatchにAlexaが「ひょっこりはん」、アプリ『Voice in a Can』登場・動画

Apple Watchでアマゾンの音声アシスタントに呼び掛けられるアプ

次期Apple Watchは物理ボタン廃止か、ソリッドステートボタンへ

次期Apple Watchについて、サイドボタンとデジタルクラウンが物

腕をタッチパネル化、スマートウォッチ『LumiWatch』登場・スペック/動画

カーネギーメロン大学とASU Tech社の研究チームがディスプレイを搭

Microsoftスマートウォッチ『Xbox Watch』試作機の画像リーク

Microsoftはスマートフォン向けOSの開発を諦めてしまいましたが

KDDI au、月350円で電話番号を共有『ナンバーシェア』発表―Apple Watch対応

KDDIは9月13日、スマートフォンが手元になくてもApple Wat

NTTドコモ、月500円の電話番号シェア「ワンナンバーサービス」発表―Apple Watch対応

NTTドコモは9月13日、月額500円で1つの電話番号をスマートフォン

通話できる『Apple Watch series 3』発表、ドコモ/au/ソフトバンク通信可能―価格・発売日

Appleは日本時間9月13日午前2時より開催した新製品発表イベントに

LTE版『Apple Watch』がiOS11 GM版で見つかる、画像や単体通信・iPhone番号連携・通話など

リークされたiOS11 GM版からLTE対応の新しい「Apple Wa

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑