次世代Apple Watchは心拍センサーでユーザー識別へ、タッチID代替か

公開日: : スマートウォッチ

 Apple製スマートウォッチ『Apple Watch』に搭載されている心拍センサーを使いユーザーを識別するという特許が米国特許商標庁(USPTO)により公開されました。

apple-news-16-10-14

Apple Watchの心拍センサーでユーザー識別へ

 USPTOが公開した資料「容積脈によるユーザー識別システム」には、パルスオキシメータを使いユーザーの血管から生体認証特性を決定、識別するために用いる方法が記されているようです。

 これにより『Apple Watch』装着者は自身が持つiPhoneやiPadのロック解除に手間をかけることなく行えるようになると思われます。

 2016年9月より発売された「Apple Watch Series 2」ではApple Payの電子決済に対応していることからタッチIDの代替に加え、セキュリティ面を強化したいのかもしれません。

 Souce:appleinsider

よく一緒に閲覧される記事

3,980円で心拍計に防水IP68搭載『iCleverスマートウォッチ』発表、発売記念で更に15%OFFに

コレは実用的!購入を検討中です。 サウザンドショアスは11月22日、

Apple WatchをiPod化!? 「The Pod Case」のコンセプト画像

Apple Watchの本体を取り出して専用ケースに入れるとiPod風

Apple Watch Series 5はデュアルカメラ搭載か、特許情報

Appleが2つのカメラを内蔵した時計デザインの特許を申請しており、次

→もっと見る

PAGE TOP ↑