Googleがスマホ背面部をタッチパッド化の特許取得、次期Pixelで採用か

公開日: : Google

Googleが新たにスマートフォンの背面部へタッチセンサーを搭載し、ディスプレイに触れることなく操作できるようにする特許を取得したことが米国特許商標庁の資料から判明しました。

google-pixel-features-touch-area-01

Googleがスマホ背面部をタッチパッド化の特許取得

米国特許商標庁が公開した資料によると、Googleの特許は2016年6月に出願されています。画像を見ると背面カメラの下には指紋センサーのような凹みがあり、その周りに静電容量式タッチパッドを搭載するようです。

google-pixel-features-touch-area-02

これによりAndroid OSやアプリに対して様々な操作を行えるようになるそうで、具体的には音楽プレイヤーでは音量の調整、ブラウザではスクロール、カメラアプリでは拡大縮小などが行えるそうです。

Pixel現行モデルや複数のメーカー端末でも指紋センサーを活用したジェスチャー機能を実現していますが、タッチパッド化により様々なことができそうなのも事実です。

個人的な願望としては、USB Type-Cにより高画質の映像を外部モニターに転送してマルチタスク対応のデスクトップモードを背面タッチパッドで操作するといった展開でしょうか。

今回取得した特許が将来的に使えるようになるのかは不明ですが、今後の展開に注目です。

Source:Patently Mobile

よく一緒に閲覧される記事

Google スプレッドシート等でWord・Excel・PowerPointの直接編集が可能に

Googleは米国時間4月11日、Google Docs(Google

Gmailで予約送信が可能に、メールサービス15周年記念の新機能

Googleは米国時間4月1日、ウェブ検索に続く2つ目のサービスとして

グーグルの「goo.gl」が正式終了、まだリンクは生きている。

グーグルが2009年に立ち上げた「goo.gl」が役目を終え、静かに目

→もっと見る

PAGE TOP ↑